fc2ブログ

近鉄 富吉検車区

富吉検車区

富吉検車区2

撮り鉄

散歩で近鉄・富吉検車区を通る時

沢山停まっている車両を撮ることがよくある

久しぶり今回も掲載してみた

検車区の手前には日光川があって

この鉄橋を渡る電車を撮影する人が多く

撮り鉄のスポットになっている

今回も次の列車が通るのを待ち続ける

ひとりの青年がいた



*******懐かしい My Selection******


『ノックは3回』 ドーン
ドーンの71年のヒット曲。シングルリリースが全米1位の大ヒットとなった。歌詞の内容がアパートの上下に住む男女が、3回のノックでデートを申し込み、そしてパイプの音が2回帰ってきたら答えはNGのサイン。そのため曲中でサビはコーラスとスネアで3回トントントンとなり、そのあと、パイプっぽい音でコンコンと2回入っている。


土曜の午後/ 『涙くんさよなら』

土曜の午後2

土曜の午後1

土曜の午後3 土曜の午後4


土曜の午後5

土曜の午後6 土曜の午後7


天気も良くあたたかな土曜の午後の公園

桜はまだ咲かないが、お弁当を広げる家族連れが数組

散歩の足を止めてベンチに座ると

ぽかぽか気持ちよくて眠くなる



そんな陽気に誘われてか

先日心配していたムスカリは

伸びすぎていた葉を短く切ってやった効果か

花もどんどん伸びてきて沢山咲いてきた!

鉢の写真は左が今日、右が昨日の撮影

1日でも花の大きさがこんなに違う!

グッジョブ!! (笑)


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『涙くんさよなら』 鈴木雅之 with 松下奈緒
  オリジナル ・ 坂本九

浜口庫之助が作詞作曲したナンバーで1965年に坂本九のシングル曲として発売されたほか、ジョニー・ティロットソンによって英語と日本語でもカバーされた。今回鈴木はジョニー・ティロットソンのバージョンへのオマージュを込めて、松下に参加を依頼し、男女によるデュエット曲に仕上げた。当時のラジオ番組でこの曲は坂本九よりジョニー・テロットソンの方がよく流れていたし、自分もジョニーの方がオリジナルだと思っていました。((笑))坂本九も聞き比べてみましたが、断然ジョニーの方が聞き馴染みがあるのでこちらを掲載しました。(-_-;)


後ろ歩き運動/ 『風の街』

歩く人1
 草のシルエットを
 撮っていたら
 ファインダーの左から
 男性が現れた

歩く人2
 この男性間違いなく
 左から右に向かって
 歩いています

歩く人3
 そうなんです
 後ろ歩きで
 どんどん歩いて行きました

そう言えば 「後ろ歩き健康法」 って聞いたことがあります

イースト・ロンドン大学の臨床運動生理学者ジャック・マクナマラ氏によると
後ろ歩きは、普通に歩くよりもちょっと高めの負荷を脳と体に与え、
よりいっそう健康になることができる、とても優れた運動なのだそうだ。

ちゃんと実践されてる人もいるんですね!

私もちょっとやってみたけど

この人のようには続けられません

堤防道路は左右が川だし、ガードレールもないし

たまに自転車も通るので気を付けて!!


********* 日本のセルフカバー曲 *********


『風の街』 山田パンダと吉田拓郎の聞き比べ
  作詞・喜多条忠 作曲・吉田拓郎

1975年に放送されたTBS系テレビドラマ 『あこがれ共同隊』 の主題歌として制作された曲。このドラマの舞台となった表参道の喫茶店 『ペニーレイン』 のマスター役で出演する山田パンダが主題歌も歌うことになり、山田がそのことを吉田拓郎に話すと、吉田が 「パンダが歌うなら、俺が書いてやるよ」 と言って曲を書いてくれたという。また、拓郎は翌年の1976年に制作したオリジナルアルバム 『明日に向って走れ』 にてセルフカバーしている。
自分はパンダの方をよく聞いていたし、アレンジも好きです。


太公望とユリカモメ/ 『Winter Wind』

太公望

ユリカモメ


正月2日の公園で川を覗くと

二人の太公望が糸を垂れていた

暑い日も 寒い日も 正月も

ここまで夢中になれる趣味があることに

いつも関心させられる

無言で水面を見つめる二人のその先を

ユリカモメが悠々と泳いでいた


******** 冬の名曲 MY CHOICE ********


『Winter Wind』 井上陽水
1980年発売 アルバム「エブリナイト」の収録曲。作詞/作曲:井上陽水 編曲:井上鑑
この曲は郷ひろみがカバーしている。


凧揚げ/ 『さらばシベリア鉄道」

凧揚げ1

凧揚げ2

凧揚げ3


昔は正月の遊びといえば

凧揚げに羽根つきだったけど

今の子供はそんなことはしない

やるとすればお父さんが懐かしがって

子供を誘っている

毎年そんな親子を2~3組見かけるのだが

今年は1基だけ凧が上がっていた

凧揚げを知らない世代が親になってくると

もう、四角い和凧や凧揚げ自体は

消えてしまうんだろうな・・・


******** 新年の名曲 MY CHOICE ********


『さらばシベリア鉄道」 大滝詠一 
松本隆作詞、大瀧詠一作曲による太田裕美の曲として有名。
もともとは大瀧詠一がジョニー・レイトン「霧の中のジョニー」に刺激され、アルバム『A LONG VACATION』のために作った曲である。大瀧はいったんレコーディングを始めたが、慣れない女言葉で歌うのに違和感を感じ、担当ディレクターが太田裕美への提供を思い立ったという。ここでは敢えて大瀧詠一バージョンを取り上げた。


信長まつり/ 「新世界より」第2楽章

信長まつり1

信長まつり2

信長まつり3


昨日は岐阜市の信長まつりで

キムタク信長の武者行列が行われた

ソウルの雑踏事故を教訓に厳重警備の元

46万人の観客の歓声の中無事終了した

見学は観覧抽選の当選者のみが沿道に入れ

外れた人の混乱を整理するため警備も強化された

行列の模様はぎふチャンTVが実況放送を行ったので

そのライブ映像から撮影しました



******** ポップ・クラシックの名曲 ********


 交響曲第9番ホ短調「新世界より」第2楽章 ドヴォルザーク
誰もが知っているイングリッシュホルンによる主題は非常に有名で、ドヴォルザークの死後にさまざまな歌詞をつけて『家路』『遠き山に日は落ちて』などの愛唱歌に編曲された。


○○の秋/ 『この世の果てまで』

芸術の秋1

芸術の秋


あちこちから金木犀が香っていい季節になりました

「○○の秋」 といえば何をあてはめますか?

新聞雑誌で取り上げられたランキングは

1位 実りの秋
2位 芸術の秋
3位 食欲の秋
4位 スポーツの秋
5位 読書の秋
6位 収穫の秋
7位 行楽の秋   だったそうです

芸術が2位というのは意外とも言えますが

公園では絵画教室の皆さんでしょうか

キャンバスを持って写生会が行われていました

最後には集まって記念撮影して

芸術の秋を楽しんだようです


***** 懐かしいオールディーズの名曲 ******




『この世の果てまで』 スキーター・デイヴィス 
「 The End of the World」 は、アメリカ合衆国の女性歌手、スキータ・デイヴィスのヒット曲。作詞のシルビア・ディーが、彼女の父の死の悲しみをくみ上げてこの詞を書いた。
多くのアーチストがカバーしているので、1973年のアルバム 『ナウ・アンド・ゼン』 のカーペンターズの曲で覚えてる人も多いのでしょうか。


黄昏時に/ 『男が女を愛するとき』

黄昏時1

黄昏時2


秋の夕暮れは何となく寂しい

堤防に一人座って夕日を眺める女性

その日はどう見ても見惚れるような夕日ではなく

それでもぼんやり黄昏れる姿に

やっぱりこの歌が浮かんできます

田舎の堤防 夕暮れ時に 
ぼんやりベンチに すわるのか
散歩するのも いいけれど 
よりそう人が 欲しいもの
あの娘がいれば 僕だって
さびしい気持にゃ ならないさ
まわりの暗さは 僕達のため
あの娘が来るのを 待っている
夕暮れ時は さびしそう 
とっても一人じゃ いられない




******* 懐かしいオールディーズの名曲 *******


『男が女を愛するとき』 パーシー・スレッジ
パーシー・スレッジが1966年にデビュー・シングルとして発表した楽曲。アメリカの総合チャートで1位を獲得し、後に多くのアーティストによってカヴァーされた。1994年公開のアメリカ映画 『男が女を愛する時』 の主題歌に使用され、その他にも多くの映画のサウンドトラックで使用されてきた。


検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
139位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: