fc2ブログ

信長まつり/ 「新世界より」第2楽章

信長まつり1

信長まつり2

信長まつり3


昨日は岐阜市の信長まつりで

キムタク信長の武者行列が行われた

ソウルの雑踏事故を教訓に厳重警備の元

46万人の観客の歓声の中無事終了した

見学は観覧抽選の当選者のみが沿道に入れ

外れた人の混乱を整理するため警備も強化された

行列の模様はぎふチャンTVが実況放送を行ったので

そのライブ映像から撮影しました



******** ポップ・クラシックの名曲 ********


 交響曲第9番ホ短調「新世界より」第2楽章 ドヴォルザーク
誰もが知っているイングリッシュホルンによる主題は非常に有名で、ドヴォルザークの死後にさまざまな歌詞をつけて『家路』『遠き山に日は落ちて』などの愛唱歌に編曲された。


○○の秋/ 『この世の果てまで』

芸術の秋1

芸術の秋


あちこちから金木犀が香っていい季節になりました

「○○の秋」 といえば何をあてはめますか?

新聞雑誌で取り上げられたランキングは

1位 実りの秋
2位 芸術の秋
3位 食欲の秋
4位 スポーツの秋
5位 読書の秋
6位 収穫の秋
7位 行楽の秋   だったそうです

芸術が2位というのは意外とも言えますが

公園では絵画教室の皆さんでしょうか

キャンバスを持って写生会が行われていました

最後には集まって記念撮影して

芸術の秋を楽しんだようです


***** 懐かしいオールディーズの名曲 ******




『この世の果てまで』 スキーター・デイヴィス 
「 The End of the World」 は、アメリカ合衆国の女性歌手、スキータ・デイヴィスのヒット曲。作詞のシルビア・ディーが、彼女の父の死の悲しみをくみ上げてこの詞を書いた。
多くのアーチストがカバーしているので、1973年のアルバム 『ナウ・アンド・ゼン』 のカーペンターズの曲で覚えてる人も多いのでしょうか。


黄昏時に/ 『男が女を愛するとき』

黄昏時1

黄昏時2


秋の夕暮れは何となく寂しい

堤防に一人座って夕日を眺める女性

その日はどう見ても見惚れるような夕日ではなく

それでもぼんやり黄昏れる姿に

やっぱりこの歌が浮かんできます

田舎の堤防 夕暮れ時に 
ぼんやりベンチに すわるのか
散歩するのも いいけれど 
よりそう人が 欲しいもの
あの娘がいれば 僕だって
さびしい気持にゃ ならないさ
まわりの暗さは 僕達のため
あの娘が来るのを 待っている
夕暮れ時は さびしそう 
とっても一人じゃ いられない




******* 懐かしいオールディーズの名曲 *******


『男が女を愛するとき』 パーシー・スレッジ
パーシー・スレッジが1966年にデビュー・シングルとして発表した楽曲。アメリカの総合チャートで1位を獲得し、後に多くのアーティストによってカヴァーされた。1994年公開のアメリカ映画 『男が女を愛する時』 の主題歌に使用され、その他にも多くの映画のサウンドトラックで使用されてきた。


夕まずめ/ 『アドロ』

夕まずめB1

夕まずめB2

夕まずめB3


夕方散歩の帰り道、堤防にさしかかると

少年が一人ポツンと釣り糸を垂れていました

空は急速に赤くなり始めています


********************


私は釣りをしないので全く知らなかったのですが

「朝まずめ」 「夕まずめ」 と言う言葉があるそうです

「まずめ」 という言葉は釣り用語で

釣りにもっともよい時間帯を指すようです

太陽が出てから活動する “昼行性” の魚

日が沈んでから活動する “夜行性” の魚

この2タイプの魚が活動するのが “まずめ” の時間帯です

朝早くから釣りをする人

夕方から釣りをする人には

そんな理由があったんですね! (*'ω'*)


************* 懐かしいラテン音楽 ************


『アドロ』 グラシェラ・スサーナ
メキシコのアルマンド・マンサネーロが作詞、作曲、1967年に発表した曲。「アドロ」とは人の名前のようですが、スペイン語で「私はあなたを賞賛する」の意。日本では、アルゼンチン出身の歌手グラシェラ・スサーナの歌として有名になった。


真夏日/ 『闘牛士のマンボ』

真夏日a


夏日、真夏日、猛暑日は最高気温によって決められます

最高気温が25℃を超えた日を夏日

30℃を超えた日を真夏日

35℃を超えた日を猛暑日と言い

夏の暑さの目安となっています

また、夜間の最低気温が25℃以上の日が熱帯夜



このところ体調が悪く散歩していなかったので

掲載する写真も無くなった

今日あたりどうかと思って堤防に上がってみたが

青年でさえ傘をさす太陽が容赦なく照り付けている

今日も真夏日か! 散歩中止! (笑)


************* 懐かしいラテン音楽 ************


『闘牛士のマンボ』 ペレスプラード楽団
原題はLa Virgen de la Macarena 「マカレナの乙女」。ペレス・プラードはキューバ出身で、ルンバにジャズの要素を取り入れたマンボを演奏して、世界に広めたことで 「マンボの王」 といわれています。「闘牛士のマンボ」 はマンボが世界的に知れ渡るきっかけになった曲の一つです。日本でも 「アー、ウッ!」 のかけ声で、60年代後半から70年代前半に大変人気があった。アルト・サックス・ソロのスペイン風の哀愁を帯びた旋律が印象的。


朝練帰り/ 『あしたのジョー』

朝練帰り1

朝練帰り2


野球少年たちが朝練を終えて帰って行きます

全員ヘルメットをかぶって

きちんと規律を守って

顔を合わせると 「こんにちは!」 と挨拶もできて

スポーツ少年は気持ちがいいです

この日は6月26日 (日) の午前11時ころ

自分も散歩に出てたので

今ほど酷暑ではなかったのだと思うが

夏の練習は熱中症に気をつけて!


************** 昭和の名作アニメ ***********


『あしたのジョー』 1970年4月1日~1970年9月29日
放送日時:水曜日(19:00~19:30) 放送局:フジテレビ
主題歌オープニング:あしたのジョー (尾藤イサオ) 制作:虫プロダクション
世代を超えて読み継がれる高森朝夫 (梶原一騎) とちばてつや原作のボクシングロマンのアニメ化。巨匠演出家・出崎統の出世作でもある。


自転車の少年/ 『八甲田山』

自転車の少年たち


堤防の上を4人の少年たちが

自転車で駆け抜けていく

ここを降りたところに公園があるので

そこに向かっているのだろう

ただそれだけの風景が絵になる

まるで映画のワンシーンのように・・・

P5154847.jpg 自転車の元画像は
 このような空だったので
 少年たちを明るく快活な雰囲気にするため
 空を置き換えて修正しました



************* 懐かしの日本映画 ************


『八甲田山』 1977年、東宝映画
監督:森谷司郎 出演:島田正吾、高倉健、北大路欣也、丹波哲郎、加山雄三
新田次郎の 『八甲田山死の彷徨』 原作。1902年に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した事件 (八甲田雪中行軍遭難事件) を題材に、極限状態での組織と人間のあり方を問いかけた作品である。北大路の台詞 「天は我々を見放した」 は当時の流行語になった。音楽は芥川也寸志で翌1978年の第1回日本アカデミー賞音楽賞を受賞している。


早春の夕暮れ時/『日曜はダメよ』

夕暮れ時1

夕暮れ時2

夕暮れ時3

夕暮れ時4


少しずつ寒さが和らいで

夕暮れ時も苦痛でなくなってきた

橋を渡る人もゆっくりと歩を進め

木々がシルエットになっても

バットを振る少年の姿がある

少年の打ったボールは夕日に溶けて行く

春はこうして始まるようだ!


************* 懐かしの映画音楽 ************


『日曜はダメよ』 1960年、ギリシャ・アメリカのロマンティック・コメディ映画。
監督・脚本・主演はジュールズ・ダッシン。 ギリシャのピレウスに住む娼婦イリヤと、ギリシャ研究者でギリシャの全てをこよなく愛するアメリカ人旅行者ホーマーとの物語で、主題歌 「日曜はダメよ」 は1960年代を代表するヒット曲となり、作曲者のマノス・ハジダキスは第33回アカデミー賞で歌曲賞を受賞した。


検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
128位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: