fc2ブログ

秋のシルエット/ 『秋の気配』

秋のシルエット1

秋のシルエット2

秋のシルエット3 秋のシルエット4

秋のシルエット5 秋のシルエット6

秋のシルエット7 秋のシルエット8


太陽が沈みかけると景色がシルエットに変わる

ごみごみした雑多な風景も

みんな美しい影絵の世界へと変わる

特に秋のシルエットは

空が特別な演出をしてくれるので

何でもない風景も切り取ってしまう!


******** 冬の名曲 MY CHOICE ********


『秋の気配』  オフコース
1977年に発売されたオフコース通算11枚目のシングル。「冬の名曲」 のくくりには入らないが、今回は 「秋のシルエット」 の記事にちなんでこの曲を選んでみました。


忘れ物三題/ 『オール・バイ・マイセルフ』

忘れ物1

忘れ物2 忘れ物3


忘れ物にも色々あって

微笑ましいもの、不思議なもの etc

1枚目は大きな雲は帰ってしまったのに

取り残されてしまった小さな雲

2枚目は不思議な幼児用三輪車

公園に来たときは子供を乗せて押して来たはずなのに

木陰に2週間以上も放置してある

帰りは抱っこして帰ったんだろうか?

それとも公園へ捨てに来た?

3枚目は蹴ったボールが探しても見つからず

あきらめて帰った少年たちだったのかな?

ただそこにあるものを見ただけで

状況を考えてしまいます (笑)


******** ポップ・クラシックの名曲 ********




『オール・バイ・マイセルフ』 セリーヌ・ディオン
『All By Myself』は、アメリカの歌手エリック・カルメンによる1975年リリースのポップス。1996年にはセリーヌ・ディオンが同曲をカバーし、アメリカのビルボードで4位を記録した。メロディの一部は、19世紀ロシアの作曲家ラフマニノフによる 『ピアノ協奏曲第2番』 第2楽章をアレンジしている。その第2楽章の部分を併載しました。


夕焼け列車/ 『みじかくも美しく燃え』

夕焼け列車1

夕焼け列車2

夕焼け列車3


秋の日暮れは早い

近鉄電車が鉄橋を渡る頃は

空のすそが赤く染まる

今日も疲れた戦士たちを乗せて

カタコトカタコト

夕焼けの中に消えていく・・・・



******** ポップ・クラシックの名曲 ********


『みじかくも美しく燃え』  パーシー・フェイス
1967年のスウェーデン映画。1889年に実際に起きたスウェーデンのシクステン・スパーレ中尉とサーカスの綱渡り芸人エルヴィラ・マディガン(21歳)の心中事件を、ボー・ヴィーデルベリ監督により映画化。
モーツァルトのピアノ協奏曲第21番第2楽章は、長調の曲なのにとても悲しい響きがあります。それを女芸人と伯爵との恋の悲しい結末を描いたテーマ曲として使われている。


秋麗図/ 『ミスターベースマン』

秋麗図2

秋麗図1

秋麗図4

秋麗図6b

秋麗図5


秋の散歩は目にするものすべてが麗しい

空の色が刻々と変わるにしたがって

木や草がシルエットになって

何処を見ても被写体に困らない

おかげで撮影枚数が増えてしまって

どれを掲載するか悩んだ末・・・



この5枚でよかったのか・・・・?



******* 懐かしいオールディーズの名曲 *******


『ミスターベースマン』 ジョニー・シンバル
ジョニー・シンバルは、スコットランド出身のシンガーソングライター。1963年に当時17歳でリリースした「ミスターベースマン」は、日本でも1位にランキングされヒットした。ベースというものを意識するようになったのは、この歌からかもしれません。日本盤ではダニー飯田とパラダイス・キングが九重佑三子と歌っていましたね。

日光川/ 『ダンシングクイーン』

日光川1

日光川2

日光川3jpg

日光川4


愛知県では、線状降水帯による激しい雨が降り続いて

気象庁は23日午後 「大雨に関する気象情報」 を発表した

我が家のすぐ近くを日光川が流れてるので

台風や大雨、洪水情報はいつも気になる

日光川は、水害との闘いの歴史で

特に、昭和34年9月26日の伊勢湾台風では

災害史上未曾有の被害が発生した

その頃、子供の私は郡上八幡に住んでいたので

この地で実体験していないのだが

伊勢湾台風のニュースはたびたび目にしてるので

日光川が改修工事がされていても

いつもなんとなく気にしている

今朝は蟹江町に発令されていた大雨・洪水注意報も解除され

今日は快晴で気温も31℃を指している

堤防から見た日光川の水位もだいぶ下がっていた

4枚目の写真の橋脚の黒くなっているところまで

水位はあったようだ



青サギが目の前を悠々と飛んで

近鉄電車も平常通り鉄橋を渡って

いつも通りの日常に戻ったようだ!


******* 懐かしいオールディーズの名曲 *******


『ダンシングクイーン』 アバ
スウェーデンのコーラス・グループ、ABBAの代表曲の一つで、1976年にリリースしたシングル。ビルボード誌では、1977年週間ランキング1位を獲得。全英シングルチャートにおいては1976年6週連続1位に輝き、世界13か国で1位となり、全世界で300万枚、日本で50万枚を売り上げた。また、日本限定の企画アルバム『ABBA 40/40〜ベスト・セレクション』発売にあたって、日本公式サイトで実施したファン投票で1位にランクインされた。「ダンシング・クイーン」は、英語・フランス語・ドイツ語、スペイン語、スウェーデン語のヴァージョンが作られた。


夜散歩/ 『悲しき街角』

夜散歩1夕方は風も出て涼しくなるので
6時ごろから散歩に出かけました 

夜散歩2少し前までは
7時ごろまで明るかったけど
日暮れがずいぶん早くなりましたね
滑り台の上に三日月が出ています

夜散歩3散歩道は外灯がないと暗くて
ちょっと不気味です
でも、歩いている人はいました  

夜散歩4広場の方に来ると
外灯もあって明るいので    
ホッとします

夜散歩5まだ散歩する人や
休息する人もいて
涼しい風が気持ちいいです   

夜散歩6あれ?
どんな時もスマホは離せないんですね
本と違って暗くても読めるから!

夜散歩7空を見上げると
公園も暗くなってきたことが分かります

夜散歩8入口の自販機が明るくて
家の灯りが恋しいです
早く帰って夕飯にしよって
COCOROに話しかけます      


******* 懐かしいオールディーズの名曲 *******






『悲しき街角』 デル・シャノン
デル・シャノンが1961年に発表したシングル。ファルセットや短調から長調への転調を特徴とし、同年4週連続全米一位を記録した。日本では飯田久彦歌唱で漣健児訳詩による日本語バージョンもヒットした。また、ベンチャーズも一世を風靡していましたね。飯田久彦はこんなゆったり歌っていたとは思いませんでした。(~_~;)


佐屋川創郷公園の夕景/ 『エスパーニャ・カーニ』

佐屋川創郷公園1

佐屋川創郷公園2

佐屋川創郷公園5

佐屋川創郷公園3


日中は茹だるように暑くても

夕方になると少し涼しい風が吹くようになる

午後6時過ぎから散歩に出かけてみた

子供たちが水遊びをする噴水モニュメントに人影はなく

芝生のベンチには老夫婦が散歩の足を休めていた

空は下から赤さを増して、暑い一日が暮れていく・・・


************* 懐かしいラテン音楽 ************




『エスパーニャ・カーニ』 ホルヘ・ロペス デュオ
『エスパーニャ・カーニ』 愛工大名電吹奏楽+アン・ヒーチャン
スペインの闘牛場等で用いられていた曲。パスカル・マルキーナが1934年に作曲した「パソ・ドブレ」の代表的な曲。スペインの闘牛とフラメンコをイメージした社交ダンスのパソドブレとしてもお馴染みの曲。愛工大名電の吹奏楽も素晴らしいね!


入り日/ 『エル・クンバンチェロ』

入り日1

入り日2


夕方に図書館の前を通ると

窓ガラスがまぶしい

建物の反対側は

今、夕日が沈もうとしている!


************* 懐かしいラテン音楽 ************




『エル・クンバンチェロ』 東京キューバンボーイズ / 高校野球 
プエルトリコの作曲家であるラファエル・エルナンデスが1943年に作詞、作曲したラテン音楽。エルナンデスの代表作であり、特にアメリカ、南米などでヒットした。「エル・クンバンチェロ」はスペイン語で、「飲んでお祭り騒ぎをする人」の意。日本では高校野球の応援歌や吹奏楽の演奏曲の定番となっている。


検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
11 | 2022/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
128位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: