fc2ブログ

弥生の庭/禁じられた遊び(愛のロマンス)

庭の清明1

庭の清明2庭の清明5

庭の清明3庭の清明4



3月ですね!

昨日は散歩で歩いていると汗をかくほどだったけど

一転、今日は体感温度6℃、降水確率70%

曇り空で寒い!

我が家の庭では、ナデシコや花かんざしの花が咲き

紅白の沈丁花も花芽が膨らみ

ミニ水仙のティタティタも芽を出した

三寒四温でだんだんと春めき

さまざまな花が咲く季節になります

世界が清く朗らかに見えるという

「清明」 が手の届くところに・・・!


************* 懐かしの映画音楽 ************


禁じられた遊び(愛のロマンス) 1952年、フランス映画
監督はルネ・クレマン。戦争で孤児となった5歳のフランス人少女の運命を描いた映画。
アカデミー賞名誉賞、ヴェネツィア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞などを受賞した。全編を通してナルシソ・イエペスがギター一本で演奏した。
両親と愛犬を失ったポーレットは愛犬の死体を抱きながら彷徨い、そこで牛追いをしていた少年ミシェルと出会う。ミシェルから 「死んだものはお墓を作るんだよ」 と教えられ、愛犬を埋葬し、祈りをささげる。愛犬がひとりぼっちでかわいそうだと思ったポーレットは、もっとたくさんのお墓を作りたいと言い出す。ミシェルはその願いに応えてやりたくなり、二人の墓を作る遊びはエスカレートし、ついには、十字架を盗んで自分たちの墓に使おうと思い立つ。
ラストシーンの、戦災孤児として孤児院に引き取られるポーレットが、人であふれる駅で修道女によって首から名札を下げられ、動かずに待っているように言われる。その時、人ごみの中から 「ミシェル!」 と呼ぶ声が聞こえ、ハッとしたポーレットはミシェルの名を泣き叫びながら雑踏の中へと姿を消していくシーンに心を打たれます。

今、ウクライナ戦争が危ぶまれている。
ポーレットのような子供たちが増えないように願うばかりです。
 
禁じられた遊び
【過去の作品】
このイラストは私がデザイナー学院の学生だった頃の課題で、映画を見てイメージをイラストで表すという授業があって、その時に書いた 「禁じられた遊び」 のイラストです。
掲載するには稚拙すぎるけど、20代の勉強中の思い出として、この映画を取り上げたついでに掲載してみました。



毛が生えた!/汚れなき悪戯(マルセリーノの歌)

スマイルにこちゃん1

スマイルにこちゃん2


仕事机の前に息子が使っていたころの

「スマイルにこちゃん」 がいます

手足が自由に曲がるので

巻き付けてUSBケーブル掛けにしています

その上のスペースに毛バタキをかけたら

フサフサの毛が生えた!

育毛剤もこれくらい効果があるといいのになぁ・・・!!


*********** 懐かしの映画音楽 ***********


汚れなき悪戯(マルセリーノの歌) 1955年、スペイン映画
1955年のカンヌ国際映画祭で、主演のパブリート・カルボが特別子役賞を受賞している。
主題歌は 「マルセリーノの唄」  (La canción de Marcelino) 。飯塚広の日本語訳詞により当時日本でも大ヒットし、多くの歌手にカバーされている。
物語はこの動画で大まかにわかると思うが、マルセリーノのあどけない姿に思い出して胸が詰まる。

夕方散歩/「鉄道員」

夕方散歩1

夕方散歩2夕方散歩3

夕方散歩4夕方散歩5


少しづつ日も長くなってきたので

夕方に散歩に行ってみたが

球場のジョギングコースは大膳川に沿っているので

川風が冷たかった

もう少し早い時間に行こうね!


*******

3回目のワクチン接種に行ってきました

1~2回目は保健センターで集団接種

3回目は尾張温泉かにえ病院で個別接種

全てファイザーになりました

副反応は注射痕が痛いくらいで異常はありませんでした


******* 懐かしの映画音楽 *******


鉄道員 (1956年イタリア映画)
今回からは懐かしい映画音楽を取り上げていこうと思います。
私は高校の3年間、故郷の映画館で看板を描くアルバイトをやっていました。その小屋にかかる映画はすべて見てきたので、特に印象に残ってる作品を取り上げていこうと思います。
最初に取り上げたいのは、子供が主演する名画がたくさんあったので、思いつくまま紹介します。

『鉄道員』は、 第二次世界大戦後のイタリアに生きる庶民の喜怒哀楽を、ある1人の初老の鉄道機関士の姿とその幼い息子の目を通して描いた映画史に残る名作です。幼い末息子役をエドアルド・ネヴォラが好演していました。
サウンドトラック盤のEPレコードにもセリフやサイレンのSEも入っていて、聞くだけでもその場面が思い出されてきます。


パンダ鴨・ミコアイサ/「Ti Amo」

ミコアイサ1

ミコアイサ2


ミコアイサ(巫女秋沙)は、カモ科アイサ属に分類される渡り鳥で

雄の目の縁が黒くて、パンダのような模様をしてる

毎年冬になるとこの辺りにもやってきて

他の鴨たちと一緒にいても白くてよく目立つ

今年もやってきてたのを確認した

潜るのがとっても上手で、以前動画を撮っていたので

再度掲載してみた




******** 日本レコード大賞 ********


「Ti Amo」 EXILE
2008年、第50回日本レコード大賞曲である。作詞:松尾潔 作曲:Jin Nakamura、松尾潔 
「Ti Amo」は、イタリア語で"愛してる"を意味し、女性目線の歌詞となっている。私がEXILEの曲を初めて好きになった曲でもある。
レコード大賞は50回目の記念大会ということで、テレビ中継の時間枠を拡大した。さらに終了後、大賞受賞のEXILE、最優秀新人賞のジェロをゲストに迎えた「おめでとう!第50回日本レコード大賞」も放送された。

クリサンセマム・ムルチコーレ/「蕾」

ムルチコーレ1

ムルチコーレ2 ノースポール2


ノースポールと一緒にムルチコーレも咲いていました

両者はどちらもクリサンセマムの花で

日本式に言えばキク科キク属の仲間です

白い花と黄色の花が花壇に並んでいるのはとてもきれいです

外周で花弁のように見える舌状花の色と形は違うけど

中心部分の筒状花から成る集合花は同じように黄色で

同じ仲間なんだと分かりますね!


******** 日本レコード大賞 ********


「蕾」 コブクロ
2007年、第49回の大賞は、コブクロの 「蕾(つぼみ)」 に決定した。コブクロは初の受賞。男性デュオとしては史上初。作詞・作曲:小渕健太郎、 編曲:コブクロ
フジテレビ系ドラマ 『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』 の主題歌として書き下ろされた曲である。2008年3月開催の第80回記念選抜高等学校野球大会の開会式入場行進曲としても使われた。平成になって久しぶりに心に浸みるいい曲だなぁと思った歌です。


ノースポール/「sign 」

ノースポール

ノースポール2

ノースポール3


ノースポールは比較的寒さに強く、

防寒対策をしなくても冬越しでき

株がボール状に育って一面に花を咲かせるので

「スノーボール」 だと思ってたことがある

でも、実際には株全体をおおうほどに白く咲くところから

「北極」 のイメージで 「ノースポール (北極)」 と付いたそうだ

だから今でも名前を思い出す時

スノーボールの 「ノースポール」 だ!

って、記憶をたどります。(笑)


******** 日本レコード大賞 ********


「sign 」 Mr.Children
2004年、46回目の 『日本レコード大賞』 である。TBS系ドラマ 「オレンジデイズ」 の主題歌。Mr.Childrenは10年ぶり2度目の受賞となった。作曲・作詩:桜井和寿
2012年2月に、住友生命のCMソングとしても起用された。



オレンジタンポポの開花/「TSUNAMI」

オレンジタンポポ②

    オレンジ蒲公英 黄花白花


先日のオレンジタンポポの開花が

どうなったか見に行ってきました

生憎の寒い曇り空で、チラチラ雪も舞っていたので

少し元気のない様子でした

全体的にオレンジ色は薄くなって

山吹色のタンポポっていう感じでした

花びらの内側が山吹色で外側は茶色っぽくなっていました

(下段が前回投稿した写真)


******** 日本レコード大賞 ********


「TSUNAMI」 サザンオールスターズ
2000年、42回目の 『日本レコード大賞』。作詞・作曲 桑田佳祐
サザンにとってはデビュー22年で初の大賞受賞となった。
この曲は、TBS系列のバラエティ番組 『ウンナンのホントコ!』 内で放送されていた恋愛リアリティ企画 『未来日記』 のテーマソングに採用され大ヒットした。

これまでレコード大賞曲を年代順に掲載してきたが、40回を超えるあたりから曲との間に年代ギャップを感じて記憶に残らなくなっているので、今回から自分にヒットした曲のみ掲載しますのであしからず。



新・花かんざし/「can you celebrate 」

花簪-(はなかんざし)

花簪-(はなかんざし)2

花簪-(はなかんざし)3


毎年咲いていた花かんざしの花を

2019年に根元から切ってドライフラワーにした

そのため、翌年は花が咲かず、

21年に新しい芽が出て、花も咲かせ復活したかに見えたが、

以前のような勢いはなくなり、今年はもう新芽も出なかった

やっぱりこの花は好きなので、新しい子を迎え入れました


******** 日本レコード大賞 ********


「can you celebrate 」 安室 奈美恵 
1997年、39回目の 『日本レコード大賞』 である。安室奈美恵は2年連続2度目の受賞で、オリコン年間シングルチャート1位の楽曲及びTBSの音楽番組 『COUNT DOWN TV』 年間シングルランキング1位を受賞した。安室が発表したシングルの中では最大の売上を記録していて、結婚式の定番ソングとなっている。


さびしい日本水仙/「don't wanna cry」

日本水仙4

日本水仙3


どこでも見慣れた日本水仙だが

空き地の中で忘れられたように咲いている

時々雑草に交じって咲いてる花を見ることがあるが

いらなくなって捨てられた球根だったんだろうか?

野草の花と違って見捨てられた花は健気で

なんだか寂しそうに咲いてる気がする


******** 日本レコード大賞 ********


「don't wanna cry」  安室奈美惠
1996年、第38回日本レコード大賞ソロアーティスト史上最年少記録(当時19歳)で大賞受賞。
作詞:小室哲哉、前田たかひろ  作曲・編曲:小室哲哉

疥癬症のホンドタヌキ/「Overnight Sensation」

本土狸


昨日の散歩の帰り道で

田んぼの横の藪近くでタヌキらしきものを発見

cocoroとほぼ同じくらいの大きさで

こっちに気付いて警戒していた

写真で見てみると背中の毛が全部抜けて

象の皮膚状になっている

調べて見たら疥癬症のホンドタヌキと判明

犬や猫は疥癬症のタヌキとの接触により、り患する恐れがあるようなので

今後はこのあたりの散歩を気をつけないといけない

それにしても、野生のタヌキがこんなところにまで現れることに驚いた!

追記
最近こうしたタヌキの目撃情報が多くなっているようです。
雑食性で何でも食べるため、食べ物を求めてヒトの生活地域まで出てきて、
道路を歩いていたり、自宅の庭に現れることもあります。
各県のホームページでも注意を呼び掛けているようですが
タヌキの疥癬症は、ヒゼンダニというダニに感染することで起こります。
疥癬症のタヌキとの接触によって、ヒトやペットにも感染する恐れがあります。
予防策は疥癬症にかかっている様子のタヌキとの接触を避けることが一番です。
その弱った姿に同情して保護してあげようと考えるかもしれませんが、
自宅の敷地内で動けなくなっているなど、
どうしてもタヌキを保護する必要があるときは、
お住まいの地域の役所か野生動物担当部署に連絡して下さい。
自分では絶対触らないことです。



******** 日本レコード大賞 ********


「Overnight Sensation」 trf
1995年、第37回の大賞は、trfの「Overnight Sensation 〜時代はあなたに委ねてる〜」に決定した。trfは初の受賞。小室哲哉プロデュースの歌手が大賞を受賞したのは初めて。
作詞・作曲:小室哲哉 編曲:小室哲哉&久保こーじ


オレンジのたんぽぽ/「innocent world」

オレンジ蒲公英

オレンジ蒲公英2

黄花白花


タンポポは黄色い花という既成概念を持っていました

でも以前、白花やピンク花があることを知り

花友のブログで白花を見てから自分も撮りたいと思ってた

そして4年前、ついに白花を見つけてこのブログでも掲載した


先日、散歩中にオレンジ色のタンポポを偶然見つけた

オレンジ色・・?????

調べて見るとオレンジ色もあるそうだ!

コウリンタンポポ (紅輪蒲公英) と言われるようだが・・・

これが、それか?

しっかり開いた時、もう一度見に行ってみようか!



******** 日本レコード大賞 ********


「innocent world」 Mr.Children
1994年、第36回日本レコード大賞で大賞を受賞したが、メンバーはオーストラリアで「Tomorrow never knows」のミュージック・ビデオ撮影のために授賞式を欠席するという異例の事態になった。
作詞・作曲: 桜井和寿  編曲: 小林武史&Mr.Children。


一輪ほどの暖かさ/「無言坂」

梅一輪

梅一輪2  梅一輪3


暖かくなり始めたと思ったけど

昨日からまた冬に逆戻りしたような寒い日になった

先日、膨らみ始めていた梅はどうなったか見に行ってみた

紅梅は三輪ほど開きかけていた

白梅はやや膨らみかけたものもあったが

全体的には固い蕾だ

松尾芭蕉の弟子の服部嵐雪の有名な句に

「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」 がある

実はこれは冬に詠まれた句で

「梅」 とは 「寒梅」 だったそうだが

「梅が一輪咲いているのを見ると、

寒さの中でもかすかな暖かさが感じられる」

と解釈できる

でも、冷たい風の中で写真を撮ってるとやっぱり寒い

私にはまだ 「一輪ほどの温かさ」 を感じる事ができなかった!




******** 日本レコード大賞 ********


「無言坂」 香西かおり
1992年の第34回日本レコード大賞は、ポップス・ロック部門は、米米CLUBの「君がいるだけで」、歌謡曲・演歌部門は 「白い海峡」 大月みやこに決定したが、残念ながらYouTubeで使用できるデータが見つからなかった。

1993年の第35回からは、3年間続いたポップス・ロック部門と歌謡曲・演歌部門の2部門制が、ジャンル分けが難しいなどの理由により廃止され、4年ぶりに1部門に戻された。
第35回の大賞は、香西かおりの 「無言坂」 に決定。1部門制での演歌歌手の大賞受賞は五木ひろし以来となった。


ふとん乾燥機/「愛は勝つ」 「北の大地」

ふとん乾燥機

ふとん乾燥機2


天気のいい日に布団を干すと

眠る時、太陽の匂いがして気持ちいいですね

けど布団干しって結構面倒です

これまでも布団を干したことを忘れていて

夜になってから気が付いて

冷たい布団で寝ることになった時が何度かあります

それでついに、ふとん乾燥機を買ってしまいました

これで天気に関係なく使えて

忘れていても何も問題ありません

ただ、太陽の匂いがしないのは残念ですが・・・


******** 日本レコード大賞 ********

「愛は勝つ」 KAN


「北の大地」 北島三郎

1991年、第33回日本レコード大賞受賞のポップス・ロック部門は、KANの 「愛は勝つ」 に決定。歌謡曲・演歌部門の大賞は、北島三郎の 「北の大地」 に決定した。KANも北島三郎も初の受賞となった。


昼下がりの公園にて/「おどるポンポコリン」 「恋唄綴り」

休憩所


天気も良く風もないので気温より暖かく感じる

久しぶりに散歩に出て偶然出会った知人と

休憩所で腰かけて談話が弾む男性二人

天気の話かな? 孫の自慢話かな?

コロナの話かも? オリンピックかもしれない?

横では鳩が何かをついばんでいる

子供たちの姿はないので追いかけられることもなく

鳩も落ち着いてのんびりできる

そんな長閑な昼下がりの公園の一角



******** 日本レコード大賞 ********

「おどるポンポコリン」  bbクイーンズ


「恋唄綴り」  堀内孝雄

レコード大賞は1990年、第32回から各賞がポップス・ロック部門と歌謡曲・演歌部門に分かれることになった。これは裏番組 『第41回NHK紅白歌合戦』 への対抗策である。
ポップス・ロック部門の大賞は、アニメ 「ちびまる子ちゃん」 のエンディングテーマ曲として国民的大ヒットしたB.B.クィーンズの 「おどるポンポコリン」 に決定。歌謡曲・演歌部門の大賞は、堀内孝雄の 「恋唄綴り」 に決定。堀内孝雄は初の受賞となった。


蘇鉄の雌花/「淋しい熱帯魚」

蘇鉄雌花

蘇鉄


公園にある蘇鉄の中心を覗いてみると

雌花が開いていた

よく見ると花の隙間からオレンジ色の実が見える

蘇鉄は雌雄別株で、雄花と雌花の形が違う

公園はみんな雌株なので

昨年の7月に妹の家で撮った雄花と見比べてみた

(写真上が雌花 下が雄花)



******** 日本レコード大賞 ********


「淋しい熱帯魚」 wink
1989年、『第31回日本レコード大賞』受賞。作詞:及川眠子 作曲:尾関昌也 編曲:船山基紀
この曲は、無表情で歌われることによって「笑わない、しゃべらない、というWinkのイメージ」を決定づけるものになった。しかし、1989年8月10日放送の『ザ・ベストテン』において笑いを噛み殺しながら歌ったため、その後もTBS系のテレビ番組で取り上げられることがある。


無人の球場/「パラダイス銀河 」

無人の球場


昨日から3連休中だったんですね!

最近は休日かどうかを気にしない生活なので

今日が何曜日なのか全くわからない毎日です。^^;

今日は天気も良く風もない穏やか日和なので

いつもの休日なら球場から少年野球の歓声が

我が家まで届いてくるんですが

今日は無人の球場で静まり返っていました

愛知県では、6639人のコロナ感染者が確認され

過去最多となっています

まん延防止等重点措置も3月6日まで延長されました

まだまだ子供たちの元気な声が聞こえるまでには

時間がかかりそうです・・・・・・・。


******** 日本レコード大賞 ********


「パラダイス銀河 」 光genji
1988年、第30回日本レコード大賞受賞。 作詞・作曲:飛鳥涼  編曲:佐藤準
光GENJIの最大のヒット曲となり、EPレコード、8cmCD、シングルカセットのフォーマットで同時発売された。発売当時、あまりの人気のためほとんどの店でレコードが入荷と同時に売り切れてしまい、新聞紙上にお詫びの広告が掲載されたほどだった。
歌番組では、労働基準法により出演できない年下2人 (赤坂晃、佐藤敦啓) を除いた5人で披露する機会が多かった。
翌1989年には、第61回選抜高等学校野球大会の入場行進曲に採用され、現在でも 「ガラスの十代」 と共に、高校野球の応援ソングとして定番曲となっている。


セイタカアワダチソウの綿毛/「愚か者」

背高泡立草

背高泡立草2  背高泡立草3


嫌われ者のセイタカアワダチソウだが

綿毛になって光を受けている姿は

何だかきれいだと思ってしまう!

でも、この綿毛が飛んで繁殖し

また秋に黄色の花をあたり一面に見ることになる

それを思うと複雑な気持ちにもなる


********  日本レコード大賞  ********




「愚か者」  近藤真彦  「愚か者よ」 萩原健一
1987年、近藤版が第29回 日本レコード大賞受賞。作詞:伊達歩 作曲:井上堯之 編曲:戸塚修
この曲は萩原健一との競作だった。作曲は萩原と旧知の井上堯之であることで、萩原と井上が中心で製作された。
萩原版の曲名は「愚か者よ」で、近藤版と異なる点は、歌詞の一部と、キーの構成、編曲者の3点である。


バージニアストック/「DESIRE」

バージニアストック2

バージニアストック P2016882.jpg


12月の中旬頃の展望台の丘は

白いスイートアリッサムがいっぱいだったが

今はチラホラ見かけるくらいで

代わりにピンクのバージニアストックが目に付くようになった

これも開花時期は4~5月というが

立春を過ぎて春の花もそろそろ活動を開始したようだ!


********  日本レコード大賞  ********


「DESIRE」 中森明菜
1986年、第28回日本レコード大賞を受賞。前年度の第27回日本レコード大賞曲 「ミ・アモーレ」 に続いて、史上2組目となる2年連続大賞受賞を果たした。女性歌手での2年連続受賞は史上初。中森作品では初となった阿木燿子が作詞提供し、鈴木キサブローが作曲を担当、編曲は椎名和夫が手掛けた。音楽番組で披露したこの楽曲の衣裳は、ボブのウィッグとハイヒールに、批評家から「斬新・奇抜」と評された和装を洋風にアレンジしたものだった。


白い宿根ガザニア/「ミ・アモーレ 」

宿根ガザニア

宿根ガザニア2

宿根ガザニア3


ガザニアは春から秋にかけて咲く花だが

宿根ガザニアは寒いこんな時期にも咲いています

白いガザニアの種類には 「クリームソーダ」 とか

「 ソフトクリーム」 の名前が付いていました

この花はどっちだろう?

どっちも寒い季節には食べたくないなぁ・・・(笑)


********  日本レコード大賞  ********


「ミ・アモーレ 」 中森明菜 
1985年、第27回日本レコード大賞を受賞した。作詞・康珍化 作曲・松岡直也 編曲・松岡直也
「Meu amor é」 とは、ポルトガル語で、「私の恋人は」、「私の愛は」 などの意味を持つ。シングル盤のディスクジャケットには 「MI・AMORE」 という表記も存在するが、これは当初、スペイン語 「Mi」 とイタリア語 「amore」 が混ざったタイトルで発表されたためである。


雪の沈丁花/「長良川艶歌 」

沈丁花

沈丁花2  沈丁花3

沈丁花5


立春を過ぎて雪化粧の朝を迎えた

せっかく蕾が膨らみ始めていた庭の沈丁花も

雪をかぶって冷たそう!

昼前には溶け始めてホッとしたが

yahoo!天気は 「20分後に雪が降り始めます」

と伝えている

春が待ち遠しいなぁ~


********  日本レコード大賞  ********


「長良川艶歌 」 五木ひろし
1984年、第26回日本レコード大賞受賞曲。岐阜県の長良川を舞台にした 「ご当地ソング」 であるが、五木が発売したご当地ソングのシングル曲では最大のヒット作となった。作詞:石本美由起 作曲:岡千秋 編曲:斉藤恒夫
岐阜市に架かる長良橋の南詰の鵜飼船乗り場前には 「長良川艶歌」 がTBSの 「ザ・ベストテン」 で 「年間ベストテン第1位」 を獲得した時の記念碑があり歌詞が彫ってある。


堤防道路/「矢切の渡し」

堤防道路


今朝は粉雪が舞って真冬に逆戻り

でもすぐに止んで、堤防を散歩する人もいたので

散歩コースに選んだのが大間違い

風はとても冷たく後悔が先立つ

「年寄りの冷や水」

やっぱりこの道はもっと温かくなってからにしよう!


********  日本レコード大賞  ********




「矢切の渡し」  細川たかし/ちあきなおみ
1984年、『第25回日本レコード大賞』を受賞した。石本美由起(作詞) 船村徹(作曲)
前年には 「北酒場」 で第24回日本レコード大賞を受賞していたため、レコ大史上初の2年連続受賞歌手となった。
元はちあきなおみのシングル 「酒場川」 のB面曲として発表され、1982年にはちあきなおみのA面シングルとして発売された。翌1983年に多くの歌手によって競作され、中でも細川たかしのシングルが最高のセールスとなった。この歌がちあきなおみの歌だったことは知りませんでした!。


ローズマリー/

ローズマリー

ローズマリー2

ローズマリー3


昔からキューピーマヨネーズの広告は好きで

雑誌広告をスクラップして集めていた

卵の黄身だけや野菜の断面のアップを

全面に使った広告はとても新鮮で

写真がとてもきれいで見つけると必ず切り抜いていました

そんなキューピーマヨネーズのTVCMで

最近はローズマリーのCMが目に付きます

それに触発されて見に行ってみました

ちょうど今、花が盛りでした

s40.jpg 
※ 上/1965年の雑誌広告  下/現在放送中のTVCM

あえて商品を見せない広告の姿勢に好感を持ちます


オオバン/「北酒場」

大鷭

大鷭2

大鷭3

2006-06-05_blaesshuhn.jpg
(Wikipediaより写真をお借りしました)


今年も真っ黒な水鳥がやって来てます

オオバンは北海道では夏鳥

関東から西では冬鳥として分類される

水にもぐるのが得意で、水草を取ってよく食べます

ずるいカモたちはオオバンが水草をくわえて戻ってくると

回りを取り囲んで水草を奪い取ってしまう

でも、おおらかな性格なのオオバンは

取られても気にせずまた潜って取ってきます

体は真っ黒でも心は白い優しい鳥です

Wikipediaで調べていたら立ち姿がありました

不釣り合いな足の大きさで

足を見せない方が可愛いね!


********  日本レコード大賞  ********


「北酒場」 細川たかし
1982年、『第24回日本レコード大賞』 を受賞。作詞:なかにし礼 作曲:中村泰士
演歌というよりは軽快なJ-POP風の楽曲で、オリコン年間ヒットチャートにおいて第5位にランクインした大ヒットシングル。『欽ちゃんのどこまでやるの!』 の番組内では、「歌の途中で楽曲を止められる」 という萩本欽一の番組演出などで一躍有名となり、覚えやすいメロディも手伝い幅広い年齢層に浸透した。


紅梅の蕾/「ルビーの指環」

紅梅

紅梅2


紅梅の蕾がやっと膨らみ始めた

2月4日の立春に間に合わせて

花開くのだろうか?

まだ寒さに油断は出来ないが

梅の便りが春を告げる日は近い!


********  日本レコード大賞  ********


「ルビーの指環」  寺尾 聰
1981年、第23回日本レコード大賞を受賞。また、作詞賞、作曲賞、編曲賞を受賞し、楽曲製作者に贈られる3タイトルを総なめにしている。作詞: 松本隆、作曲: 寺尾聰、編曲: 井上鑑。
『ザ・ベストテン』 では、4月9日に初の1位を記録後、12週連続1位という同番組の最長記録を樹立。この記録は放送終了まで破られなかった。連続1位の最長記録が更新されるたびに、同番組からはプレゼントが贈られた。このことは、同番組の総集編やスペシャル放送などで、話題の一つとして必ず触れられている。日本テレビ系 『ザ・トップテン』 では放送第1回の第1位かつ10週連続、通算12回1位という同番組の最長記録を樹立している。


尾張稲荷大社/「雨の慕情」

尾張稲荷大社

尾張稲荷大社2  尾張稲荷大社3

尾張稲荷大社4


尾張温泉の駐車場内に尾張稲荷大社がある

温泉の守護神として、その第一号泉の掘削に成功した

昭和41年に京都の伏見稲荷からご分霊を受け

倉稲魂大神 (ウガノミタマノオオカミ)を主神とし

医薬を掌る大己貴大神 (オオナムチノオオカミ)

少名彦大神 (スクナヒコノオオカミ)

水と土を掌る水波能売大神 (ミズハノメノオオカミ)

大地主大神 (オオトコヌシノオオカミ)

の5柱が五祭伸として祀られている

境内にある御手洗清水石では

神泉 「稲荷の湯」 の温かい温泉で清められる


********  日本レコード大賞  ********


「雨の慕情 」 八代亜紀
1980年、第22回日本レコード大賞受賞曲。作詞:阿久悠 作曲:浜圭介 編曲:竜崎孝路
前年発表した八代の 「舟唄」 が男心を歌にしていることに対し、同じく作詞をした阿久悠が女心を歌にしたものとされる。「舟唄」 「港町絶唱」 と合わせて哀憐三部作とされた。
偶然ではあるが、発売された1980年は夏場に雨が続き、記録的な冷夏となっている。この曲と冷夏とが重なる形で印象づけられることになった。


検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
128位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: