fc2ブログ

気になる民家の花

民家の花1

民家の花5

民家の花3


いつも散歩中に気になるお宅がある

玄関や塀にたくさんの鉢花が吊るしてあって

以前もこの八重のアネモネは撮らせてもらった

その横にあったのがハーデンベルギアのようだ

コチョウランを小さくしたような愛嬌のある花が

連なるように穂になって咲いている

道路から撮れる花しか紹介できないが

どれも皆とてもきれいだ!


オランダミミナグサ

オランダミミナグサ1

オランダミミナグサ2

オランダミミナグサ3 オランダミミナグサ4


最近草原でよく見かけるようになった

白くて小さくて可愛い草花

「オランダミミナグサ」

ヨーロッパ原産の帰化植物で

意外に開いているのを見ることが少ないかもしれないのは

昼過ぎに短時間だけ開くのかもしれないのだそうだ


灯台下暗し(ハナニラ)

ハナニラ1

ハナニラ2

ハナニラ3 ハナニラ4


公園の散歩道にハナニラが咲いていた

そうか、もうハナニラの季節か・・・

そう思って帰った来たら

我が家の庭でも咲いていた!!

1枚目と4枚目が我が家の庭

2枚目と3枚目が散歩道

「灯台下暗し」 って話だね!(笑)


ソメイヨシノ

ソメイヨシノ1

ソメイヨシノ2

染井吉野3

染井吉野4 染井吉野5

染井吉野6


公園の桜も展望台もほぼ満開になった

昨日は天気も良かったので

ホームの団体さんもバスで花見に来てました

木曜までは天気がよさそうだけど

その後は日曜にかけて曇りがち

お勤めの人にもこの満開の桜を

分けてあげたいね!



******* やったね!YouTube名人 *******


スーパーマリオワールドメドレー』 マツケん
松澤健(まつざわ けん )は、エンジニア、音楽家。4歳の時に父親が買ったキーボードに夢中になったことがきっかけで音楽に興味を持つ。高校生の時にはイエロー・マジック・オーケストラの影響でシンセサイザーに興味を持ち、電子楽器開発の道を志す。2007年からYouTubeへの動画投稿を始め、JR東日本の発車メロディをピアノで演奏した『JR東日本 駅発車メロディメドレー』が一週間で再生回数10万回を超えた。大学院修了後はヤマハに入社し、音源開発に携わる。一昔前のゲーム音楽にも造詣があり、ハドソンのゲーム音楽を担当していた国本剛章と意気投合し、バンド「タケちゃん健ちゃん」を結成している。また、ファミコン実機をMIDIでリアルタイム制御して音を出すパフォーマンスを展開する「NES BAND」のリーダーを務めるなど、ライブ活動も精力的に行なっている。


ヌートバー

ヌートバー


WBCが終わって何となく力が抜けていたので

色鉛筆画のヌートバーが下書きのままだった

だが、テレビは試合のリフレインや

裏情報などを繰り返し放送してるので

何回でも見続けている!

そしてやっぱり仕掛かったものは仕上げることにしました

たっちゃん、お待ちどうさん!!



******* やったね!YouTube名人 *******


『キューピー3分クッキング』 Cateen かてぃん
ユーチューバーの中にはいろんな才能の持ち主が多くいて、そういう人の動画を見ると、次々見たくなって見続けてしまう事がよくあります。彼も多くの曲を配信してるので面白いものをまた取り上げましょう!。
YouTube名「Cateen かてぃん」は、角野 隼斗(すみの はやと )ピアニスト、作曲家、編曲家。母はピアノ講師で、3歳から本格的に指導を受け始め、9歳時のテレビ出演において絶対音感、小学2年時点で作曲能力を有して「天才音楽家」として紹介された。これまでにショパン国際ピアノコンクールなどの多くの受賞歴もある。


超ミニミニ水仙・ティタティタ

ティタティタ1

ティタティタ2

ティタティタ3


ティタティタ1
 ▲去年咲いた花


ティタティタが今年も咲きだしたんだけど・・・・

葉が出てどんどん大きくなっていくだろうと思っていたら

そのまま花が咲いてしまった!!

超ミニミニのミニチュアみたいで

それはそれでとても可愛いんだけど

去年の花 (4枚目の写真) と比べると、まるで別物のようだ!

100円玉と比べてみた

去年は球根をそのままにして

掘り出さなかったからかなぁ・・・



******* やったね!YouTube名人 *******


『ラジオ体操 第1』 ジャズバージョン
  Kenji Nakatani

YouTubeを見てると「すごい!」と思うような動画が沢山アップされています。一時、私はそんなスゴ技名人のたくさんの動画を見てきました。そんな中から音楽関係のものをチョイスしようと思います。


雪柳/ 『海の見える街』

雪柳1

雪柳2

雪柳6


雪のように真っ白な雪柳が咲いている

この花びらが散ると地上は雪が積もったようになる

また、白い小花を米に見立てて

「小米花 (こごめばな)」 とも言うそうだ



******* 日本の名曲ジャズアレンジ *******


『海の見える街』  Kazumi Tateishi Trio
  オリジナル ・ ジブリ映画 「魔女の宅急便」より

舞台、テレビドラマ、映画など多方面で活躍中のピアノ・作曲家の立石一海を中心にベース、ドラムの3人により結成されたジャズ・ピアノ・トリオ。ジブリの名曲をとりあげた 「GHIBLI  meets  JAZZ」 が異例のロングヒットを記録。海外公演も精力的に行ない、ジャンルも世代も国境も超えて、ジャズの楽しさを伝えてくれるピアノ・トリオです。


村上宗隆/ 『氷の世界』

村上


WBC日本全勝優勝! 興奮しましたね!!

世界一奪還を信じていたので

色鉛筆で大谷翔平を描き始めた

次に人気者のムートバーを描く予定をしてたが

準決勝での村上の逆転サヨナラ打を見て

村上も描きたいと思い順番を入れ替えました

ついに世界一が決定してしまったので

感動と興奮が冷めないうちに

急いで村上宗隆を仕上げました



******* 日本の名曲ジャズアレンジ *******


『氷の世界』 たなかりか
  オリジナル ・ 井上陽水

ジャズシンガー・たなかりかのカバーアルバムは、日本のポップスをジャズカバーするプロジェクト 「ジャパニーズ・ソングブック」 が10周年を迎えたことを記念して制作された。「氷の世界」 など7曲が収録されている。


李(スモモ)の花/ 『夢の中へ』

スモモ1

スモモ2

スモモ3 スモモ4


桜
▲ソメイヨシノ


公園に1本だけあるスモモが満開になった

染井吉野より一足先に

少し緑っぽい白い花は

少しピンクっぽい白い桜より

華やかさはないが大好きな花です

その染井吉野もスモモに一足遅れて

開き始めていました


******* 日本の名曲ジャズアレンジ *******


『夢の中へ』 アンディ・エズリン・トリオ
  オリジナル ・ 井上陽水

ジャズ・ピアニストのアンディ・エズリンが、日本人ベーシストの井上陽介、ドラマー/パーカッション奏者のザック・ダンジガーと組んだジャズ・ピアノ・トリオ。1999年ニューヨークで結成。J-POPヒット曲を、お洒落感覚でジャズにアレンジした作品を多数発表している。聴きやすい原曲のメロディはそのままに、無理なくジャズを楽しませてくれるトリオとして幅広い層に人気を得ている。


大谷翔平(色鉛筆画)/ 『ルパン三世!』

img009.jpg


WBC準決勝戦を明日に控えて

ワクワクドキドキですね!!

先回までの連勝に挑発されて

大谷を書き始め、やっと仕上がりました。

色鉛筆画は 「プレバト」 の影響で始めたので

まだ思うような表現が出来なくて

肌色がとても難しいです!

試合が順調に進めば

次は人気者 「たっちゃん」 でも描いてみようかな?



******* 日本の名曲ジャズアレンジ *******


『ルパン三世!』 和楽器アンサンブル真秀 
  真 秀​ MAHORAは、東京藝術大学邦楽科卒業生で結成。Youtubeにて配信された演奏動画は総再生回数1300万回突破。幕張メッセ、長良川国際会議場、海外公演等、数多くのステージに出演している。今回はちょっと異質な和楽器の素晴らしい演奏を取り上げてみた。


八重椿/ 『いとしのエリー」

八重椿4

八重椿2


いつも行く公園なのにまだ知らないことがあった

一番はずれの奥まったところにあった椿の木

真っ赤な八重の花を咲かせていた

この場所だと気が付かない人が多いだろう

それでも毎年春には咲き続けていたんだね!



******* 日本の名曲ジャズアレンジ *******


『いとしのエリー」 トーマス・ハーデン・トリオ
  オリジナル ・ サザンオールスターズ

トーマス・ハーデン・トリオは、クラシックやJ-POPをジャズ風にアレンジして聴かせるピアノ・トリオ。1995年よりクラシックをジャズ化したアルバムを発表し、2000年からはJ-POPを取り上げるようになった。聴き覚えのある人気曲をお洒落で都会的なジャズに変えて聴かせてくれる点が魅力。トーマス・ハーディンは架空の人物名で、プロデュースと編曲は神山純一 (作曲家、編曲家) が担当している。


ミモザ/ 『与作』

ミモザ1

ミモザ2


建築資材置き場のような場所に

黄色いポンポンのような花を付けた木があった

フランスで 「ミモザ」 の名で親しまれる

銀葉アカシアのようだ

日本でもミモザとして人気があるそうだが

まだ小さな木だったが

とても大きくなる木なので

地植えには気を付けなければいけないそうだ

割とよく通る場所だけど

花に気付いたのは今回初めてだった!



******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『与作』  デーモン閣下
  オリジナル ・ 北島三郎

デーモン閣下は、ロックバンド聖飢魔IIのボーカリスト。生まれて初めて歌で稼いだ楽曲は、世を忍ぶ仮の大学時代に当時の居酒屋で歌った北島三郎の 「与作」 で、現在においてもカラオケの十八番であるという。


辛夷/ 『プレイバックpart 2』

コブシ1

コブシ2

コブシ3 コブシ4

コブシ5 コブシ6


コブシの花も開き始めました

まだ蕾の方が多いが

青空に白い花が美しい

競うように咲き始めた花たちが

それぞれの場所に春を蒔き始めた!


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『プレイバックpart 2』 三浦 祐太朗  
  オリジナル ・ 山口百恵

1978年にリリースされた山口百恵の22枚目のシングル。
2017年発売の三浦祐太朗のカヴァー・アルバム 『I’m HOME』 は、全て実の母親である山口百恵の楽曲のカヴァーとなっている。三浦祐太朗というDNAが母の名曲を歌い継ぐことこそ使命と考え、リリースに至ったという。その中から 『プレイバックpart 2』 を親子共演で!。

土筆/ 『月影のナポリ』

ツクシ1

ツクシ2 ツクシ3


春の土手といえばやっぱり土筆ですよね

探してみたら頭を出していました

以前はこの土手でも近所の奥さん連中が

土筆採りしてる姿を見たものですが

最近は見ることもなくなりましたね

自分もやったことあるけど

袴を取ったりする後処理が大変だったので

袴を取らずに写真を撮りました!(笑)

思えば子供の頃にわらびやゼンマイなどを取ってきて

母親が夕飯に出してくれたことを思い出します

その頃はそんなもの好きではなかったけど

今では懐かしくて食べてみたい気がします

でも、やっぱり面倒だよね!(笑)


******* 他アーティストによるカバー曲 *******






『月影のナポリ』 坂本冬美
  元歌 ・ 森山加代子
  オリジナル ・ ミーナ・マッツィーニ

1959年にミーナ・マッツィーニのシングルとしてリリースされ、日本では、1960年に『月影のナポリ』の題で森山加代子のデビュー曲として発売された。日本語版は岩谷時子が訳詞をし、50万枚を売り上げるヒットとなった。坂本冬美バージョンはは、1960 年代の洋楽曲を中心に日本語に訳されたアルバム「 坂本冬美LOVE SONGS Ⅵ~あなたしか見えない~」に収録されている。


河津桜/ 『異邦人」

河津桜1

河津桜2


日光川ウォーターパークに散歩に行った時

大膳川の対岸に5~6本ある河津桜が

満開の花を川面に映していた

川向うへ行く予定はしていなかったので

一応ズームで押さえておくにとどめた


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『異邦人」 宮本浩次
  オリジナル ・ 久保田早紀

宮本浩次のカバーアルバム 『ROMANCE』 は2020年に発売され、芸術選奨文部科学大臣賞 (大衆芸能部門) を受賞した。その中に久保田早紀作詞作曲の 「異邦人」 も収録されている。



柳の花/ 『いい日旅立ち』

柳の花1
柳の花2柳の花3


柳の花4

柳の花5

柳の花6 柳の花7


以前、柳の新芽を撮ってから

今年こそ、花が咲いたら絶対撮ろうと思って何度も見に行ってました

というのも、これまでタイミングを外して

一度も撮ることができてなかった花です

今日、やっとその念願がかないました

撮ってみれば、どうでもいいような花だけど

自分的には満足です。(^^♪

柳の木自体も、今の時期はシャワーのようで

一番美しい姿だと思います!!



******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『いい日旅立ち』 谷村新司
  オリジナル・山口百恵  作詞・作曲/谷村新司

日本国有鉄道 (国鉄) が行っていた旅行誘致のキャンペーンソングとして制作され、1978年にリリースされた山口百恵の24枚目のシングル。
谷村新司は、映画 『八重子のハミング』 の主題歌としてこの曲をセルフカバーしている。他にもこの曲はとっても多くの人がカバーしているが、今回私がこの谷村バージョンを選んだ理由は、動画に使われている写真をパッと見た瞬間、郡上八幡じゃないか? と思ったからで、写真を拡大してみると、彼女が帯にさしてる団扇は郡上おどりの団扇だった!・・・という事で故郷愛から選びました。(笑)


花壇の花/ 『22才の別れ』

花壇の花1

花壇の花2

花壇の花3


気付けば公園の花壇も

いつの間にか春の花に植え変わっている

ヒナギク、パンジー、キンセンカ

春の陽光に輝いて

見慣れた花だが心は浮き立つ

春はいいなぁ~!


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『22才の別れ』 高田みづえ
  オリジナル ・ かぐや姫
かぐや姫の楽曲。作詞作曲・伊勢正三。元々は 「かぐや姫」 の伊勢正三が1974年のアルバム 『三階建の詩』 のために書いた2曲のうちの1曲で、発表当初はかぐや姫のシングルとしては発売されなかったが、1975年に、フォークデュオの風がデビューシングルとして発売すると、売上70.8万枚を売り上げ、風のシングルとしては最大のヒット曲となった。このため 『22才の別れ』 は風派とかぐや姫派に分かれるが、オリジナルはかぐや姫としました。フォークの名曲なので、多くのアーティストがカバーしてる中から高田みづえを選びました。


梅の大トリ・摩耶紅梅/ 『男はつらいよ』

摩耶紅梅1

摩耶紅梅2

摩耶紅梅3

摩耶紅梅4


公園に咲く梅の大トリ

摩耶紅梅 (まやこうばい) が咲いた

波打つ花弁が美しい八重の遅咲き品種です

豊臣秀吉が紅梅を愛で 「摩耶紅梅」 と名付けたと言われています

毎年、この花が咲き終わる頃

いよいよ染井吉野が咲き始めます



******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『男はつらいよ』  玉置浩二
  オリジナル ・ 渥美清
ご存じ渥美清の映画主題歌を、玉置浩二がカバー・アルバム 『群像の星 〜GREAT STARS〜』 に収録している。寅さんの人物像が色濃く、寅さん以外ではこの歌は成り立たないと思われたが、あえてこの曲を選んだ玉置浩二はどうでしょうか?


土曜の午後/ 『涙くんさよなら』

土曜の午後2

土曜の午後1

土曜の午後3 土曜の午後4


土曜の午後5

土曜の午後6 土曜の午後7


天気も良くあたたかな土曜の午後の公園

桜はまだ咲かないが、お弁当を広げる家族連れが数組

散歩の足を止めてベンチに座ると

ぽかぽか気持ちよくて眠くなる



そんな陽気に誘われてか

先日心配していたムスカリは

伸びすぎていた葉を短く切ってやった効果か

花もどんどん伸びてきて沢山咲いてきた!

鉢の写真は左が今日、右が昨日の撮影

1日でも花の大きさがこんなに違う!

グッジョブ!! (笑)


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『涙くんさよなら』 鈴木雅之 with 松下奈緒
  オリジナル ・ 坂本九

浜口庫之助が作詞作曲したナンバーで1965年に坂本九のシングル曲として発売されたほか、ジョニー・ティロットソンによって英語と日本語でもカバーされた。今回鈴木はジョニー・ティロットソンのバージョンへのオマージュを込めて、松下に参加を依頼し、男女によるデュエット曲に仕上げた。当時のラジオ番組でこの曲は坂本九よりジョニー・テロットソンの方がよく流れていたし、自分もジョニーの方がオリジナルだと思っていました。((笑))坂本九も聞き比べてみましたが、断然ジョニーの方が聞き馴染みがあるのでこちらを掲載しました。(-_-;)


紅白の沈丁花/ 『遠くへ行きたい』

沈丁花1

沈丁花2

沈丁花3

沈丁花4 沈丁花5

紅白沈丁花


庭の沈丁花が咲きだした

紅白2本の木を少し離して植えておいたのが

枝がだんだん入り組んで

紅白の花が入り混じって咲くようになった

この花が満開になると

一歩外に出るとあたり一面

春の香りに包まれるようになる!!



******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『遠くへ行きたい』 さだまさし
 ●オリジナル ・ ジェリー藤尾
永六輔作詞、中村八大作曲の昭和の名曲。1962年、NHK総合テレビの 『夢であいましょう』 の 『今月の歌』 として作られ、ジェリー藤尾が歌った。昭和の名曲は多くの歌手たちにカバーされる.
この歌もまた同様にカバーされている。その中から歌のイメージに合いそうな、さだまさしのカバーを選んでみたが、私的にはやはりオリジナルの方が昭和の匂いがしていいなぁと思いました。


キュウリグサ/ 『コーヒー・ルンバ』

キュウリグサ1

キュウリグサ2

キュウリグサ3 キュウリグサ4


いつのころからか使ってない鉢に

勝手にキュウリグサが生えるようになった

最初のうちは雑草だと思って抜いていたが

小さな花をアップで見てみると

忘れな草によく似た可愛い花なので

ひとつの鉢はそのまま伸びるままにしている

今年も安心して可愛い花を咲かせている!


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『コーヒー・ルンバ』  井上陽水
  オリジナル ・ 西田佐知子

「Coffee rumba」 は、アルパ奏者のウーゴ・ブランコの演奏で世界的にヒットした曲。日本では中沢清二によるエキゾチックな日本語詞で唄った西田佐知子の歌唱版がより知られている。
リメイク版は1980年代に、フリオ・イグレシアスがカバーした頃から徐々に再評価の機運が高まり、井上陽水も2001年に日本語版を再カバーしてリバイバルヒットとなった。


タンポポの花/ 『卒業写真』

タンポポの花1

タンポポの花2 図

タンポポの花3


昨日の白花タンポポを掲載した時

気になることを思い出したので検証してみました

1枚目の写真を見てタンポポは3つ咲いてると思いますよね

でもタンポポの花は花びらに見える1枚1枚がひとつの花で

その集合体がいわゆるタンポポになっています

これは現在、小学5年生の理科で習う事です

(自分の小学時代には習った記憶がないけど・・・)

それで、花弁を1枚1枚ちぎって調べて見ました

すると1枚の花弁にそれぞれ雄蕊と雌蘂があります

その花が100個くらい集まって

ひとつの花を形成しているんですね!

何となく集合体という話をどこかで聞いた記憶があったので

実際に解体してみて確信しました!(笑)

ところで最後の写真

タンポポとはちょっと違う花が咲いてたんですが

これが何かは上記検証で精力を使い果たしたので

どなたは分かる方にご教授願いたい。。。(笑)


******* 他アーティストによるカバー曲 *******


『卒業写真』 コブクロ
  オリジナル ・ 荒井由実

元はハイ・ファイ・セットへの提供曲で、ハイ・ファイ・セットのデビュー・シングルとして1975年に発売された。作詞・作曲は荒井由実。卒業ソングとして広く知られる。この楽曲はとても多くの歌手がカバーしてるので、ここではコブクロを取り上げた。


白花タンポポ/ 『瞳はダイアモンド』

白花タンポポ1

白花タンポポ2

白花タンポポ4


5年前に念願だった白花タンポポを見つけ

毎年楽しみに撮っていたが

去年から白花が咲かなくなっていた

というのも・・・・

白花が咲いていたのは公園のトイレの横で

そのトイレがなぜか解体されて

平地になってしまっていた

周囲には結構咲いていたのに全く見かけない

今年も咲いていないだろうと思いながらも

見に行ってみたがやはり皆無

平地になった砂地が恨めしい・・・・・

ところがあきらめて帰る途中

元の場所より少し離れた場所に

2~3本の白花が咲いていた!!!

そうだ!!タンポポは綿毛を飛ばすから

こんな場所に根付いたのだろう!

またここから増やしていってくれるといいな!!



******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『瞳はダイアモンド』 TRICERATOPS
  オリジナル・松田聖子

1983年にリリースされた松田聖子の15枚目のシングル。カバーしたのはスリーピース・ロックバンドのトライセラトップス。デビュー当初から 「ロックで踊る」 ということをテーマとして掲げているグループで、松田聖子とは全く別物のワクワクする曲に仕上がっている。


梅リレー/ 『酒と泪と男と女』

梅リレー1

梅リレー2

梅リレー3 梅リレー4

梅リレー5

梅リレー6


公園の梅の木は最初に紅梅が咲きました

その後、なかなか咲かない白梅がやっと見ごろになった

この白梅が終わる頃には

最終ランナーの摩耶紅梅が咲き始めます

その摩耶紅梅はもう膨らみ始めて

いつでもバトンを受け取る準備が出来ていました

摩耶紅梅が終わる時は

いよいよ桜へとバトンが渡されます

今、梅リレーは第3コーナーを回りました

もうすぐ春へのクライマックスを迎えようとしています!


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『酒と泪と男と女』 島津亜矢
  オリジナル・河島英五

1975年に発売された河島英五とホモ・サピエンスのデビュー・アルバム 『人類』 に収録された楽曲で、翌1976年にソロ名義で初めて発売した河島の代表曲として知られる。
島津亜矢は女性演歌歌手であるにもかかわらず、ポップスからジャズまでどんな曲でも歌いこなす歌唱力抜群の私の大好きなアーチストです。テレビでは本人の歌よりカバー曲で聞く方が多いような気がします。(笑)


しくじったムスカリ/ 『め組のひと』

ムスカリ1

ムスカリ2

ムスカリ3

ムスカリ4


ムスカリの花が咲きだしたのだが・・・・

1枚目は去年の花で、このように咲くつもりだった

ムスカリは数年は植えっぱなしでも大丈夫で

管理が楽な球根花という事だったので

花が終わっても球根を掘り出さずにおいた

ところが10月中頃から新しい芽が伸び始め

2枚目のように葉は元気に成長していった

今、花は葉に隠れて根元で咲き始めたが

葉の方が立派すぎて上まで伸びてくれるかな・・・?

この経験を元に、今年はちゃんと球根を取り出して

時期を間違えないように植え付けようと思う

写真は撮るだけでなく、園芸種の育て方も必要だな!



******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『め組のひと』  倖田來未
  オリジナル・ラッツ&スター

1983年に発売されたラッツ&スターの1枚目 (シャネルズ時代から通算すると10枚目) のシングル。
倖田來未は、2010年アルバム 『ETERNITY〜Love & Songs〜』 に収録。「カバーをすると原曲とどうしても比べられてしまうけど、そもそも原曲は超えられないし、超えようとするものじゃない。だから若い世代の知らない名曲を、倖田來未流にアレンジした。これが曲を知るきっかけになれば嬉しい」 って倖田は言ってる。


イベリス・ブライダルブーケ/ 『大阪で生まれた女』

イベリス・ブライダルブーケ1

イベリス・ブライダルブーケ2

イベリス・ブライダルブーケ3 イベリス・ブライダルブーケ4

イベリス・ブライダルブーケ5


昨日のジュリアンと一緒に買ったのは

イベリスのブライダルブーケでした

花嫁のブーケのように

純白の花が株一面に咲くイベリスです

鉢いっぱいにあふれることを期待して

ちょっと大きめの鉢に2株を植えました


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『大阪で生まれた女』 坂本冬美
  オリジナル・ BORO

 BOROが1979年に発売した2枚目のシングル。オリジナルは18番まで歌詞がある34分の曲である。
ところで坂本冬美のこの楽曲はとても特異なアレンジになっている。最初、「パッヘルベルのカノン」 から始まる。イントロだけなのかなと思っていると、そのまま大阪で生まれた女を歌い出す。あれ?っと思っている間も伴奏は依然として 「カノン」 を続けている。つまりカノンの演奏で 「大阪で生まれた女」 を歌ってるのだ。2つ以上の既成のメロディを同時に演奏するように作られた音楽のことを [クオドリベット] というそうだが、坂本冬美はクオドリベットで歌っているのだ!。
カノンは歌を邪魔しないように微妙に編曲されている様だが、実に見事な出来栄えで、何度も聞き返してみたくなる。



八重のプリムラ・ジュリアン/ 『いちご白書をもう一度』

プリムラ・ジュリアン1

プリムラ・ジュリアン2

プリムラ・ジュリアン3 プリムラ・ジュリアン4


ホームセンターの花売り場は

春の花がたくさん並ぶようになった

ここへ来るとまずひと回りチェックしてから店内に入る

買い物を済ませると再び花売り場に戻って

今回も衝動買いした

今回気になったのは八重咲のジュリアン

やさしい紫が気に入ったので

白と合わせて2ポット買って

ひとつの鉢に植え替えた

実はもう1種類買ったのでそれは次回に紹介します

ここへ来ると素通りできないコーナーです!!


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『いちご白書をもう一度』  荒井由実
  オリジナル/作詞・作曲:荒井由実 歌:バンバン

1975年にバンバンの5枚目のシングルとしてリリースされた。ばんばひろふみは、当時ラジオの深夜番組においてディスクジョッキーとして活動し人気も高かったが、まだヒット曲がないことに焦りを感じていた。その頃、荒井由実の曲を聞き 「彼女の曲で売れなければ諦めもつく」 と考え、最後の曲を荒井に書いてもらいたいと思い、条件を何も付けずに依頼して出来たのが 『いちご白書をもう一度』 だった。この曲のヒットによりバンバンは継続することになった。荒井も松任谷姓になった後の2003年にセルフカバーした。
  

黄色のオステオスペルマム/ 『私はピアノ』

黄色のオステオスペルマム1

中心

黄色のオステオスペルマム3

黄色のオステオスペルマム5黄色のオステオスペルマム6


展望台で8番目に見つけた花はオステオスペルマムでした!

先日、別の場所で撮った夕焼け色の花を掲載したけど

ここで咲いてたのはシンプルな黄色の花でした

最初はガザニアだと思ったけど

中央部分が全く違います

いろんな形の小さな花が集まっているようで

これがオステオスペルマムの特徴のようです

この名前が覚えられないという人が多かったですが

(実は私もです)

別名で、「アフリカキンセンカ」 とか

「アフリカンデージー」 とも呼ばれているそうです


******* 他アーティストによるカバー曲 *******




『私はピアノ』  原由子
  (カバー)・高田みづえ

サザンからもう一曲、原由子の 『私はピアノ』 を選んでみました。
ところで私は大きな間違いをしていました。この曲は、1980年に発売された高田みづえの12枚目のシングルで、私の大好きな曲だったので、今現在までこれがオリジナルだと思っていました。
しかし、1980年に発売されたサザンオールスターズのアルバム 『タイニイ・バブルス』 の4曲目に収録されている。作詞・作曲は桑田佳祐、編曲はサザンオールスターズ、弦管編曲は八木正生が担当。キーボードの原由子がボーカルを担当というのがオリジナルでした。高田みづえがカバーしていたという事で、どちらも昭和の名曲に間違いありませんが、大変失礼いたしました。


八重白梅/ 『リンゴ追分』

八重梅1

八重梅2

八重梅3


散歩途中の個人宅の庭に

立派な八重の白梅があります

普通の白梅より豪華な花で

満開になっていると

ちょっと重そうやな~って

思ってしまいます。(^^♪


******* 他アーティストによるカバー曲 *******


『リンゴ追分』  サザンオールスターズ
  オリジナル・美空ひばり

「リンゴ追分」は、1952年に発売された美空ひばりのシングル。一般にアーチストがカバーするときは、自分色にリズムやアレンジを変更して歌うものだが、サザンのこの歌は原曲のイメージを損なわないようカバーされていて好感がもてる。


検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
139位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: