fc2ブログ

ハクモクレン

ハクモクレン

ハクモクレン2

ハクモクレン3

ハクモクレン4


近所のお宅のハクモクレンがやっと咲いた

いや、咲いてることにやっと気づいた!

見上げて撮れば、青空に白い花が美しい



******  Yosshy's favorite song  ******




『心もよう』  平原綾香  井上陽水
1973年、井上陽水の4枚目のシングルとしてリリースされた曲。
陽水の歌は陽水が歌ってこそ成立すると思っていましたが、女性歌は女性が歌うとより詩が伝わってくると感じた。でも、変な装飾音を付けず歌ってほしいね。


春風駘蕩

春風駘蕩

春風駘蕩2

春風駘蕩3 春風駘蕩4

春風駘蕩5

春風駘蕩6 春風駘蕩7


公園では鯉のぼりの準備が始まった

毎年4月から5月5日までたくさんの鯉のぼりが泳ぐ

今日は、染井吉野もチラホラ咲き始め

来週の日曜位には満開になって

桜と鯉のぼりの競演が見られそうだ!

春風駘蕩たる穏やかな日和なり!


●春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)とは
春の風ののどかに吹くさま。
人の態度や性格、その場の雰囲気などがのんびりとして温和なさまのたとえ。



******  Yosshy's favorite song  ******




『22才の別れ』 高田みづえ  風
元々は、伊勢正三作詞・作曲による 「かぐや姫」 の楽曲。1975年に、フォークデュオの 「風」 がシングルとして発売した。この曲も多くの歌手がカバーする名曲だが、ここでは高田みづえを取り上げた。


展望台の丘

展望台の丘1

展望台の丘2

展望台の丘3

展望台の丘5


展望台の丘でも花が咲きだした

春の天気は気まぐれで

晴れたり曇ったり雨が降ったり

たまには雷や暴風も・・・

それでも花たちは

健気に春を届けようとしている

リナリア、サクラマンテマ、矢車菊

そして、スイートアリッサム



******  Yosshy's favorite song  ******




『ひとり咲き』 坂本冬美 CHAGE and ASKA
1979年に発売されたチャゲ&飛鳥のデビューシングル。カバーで取り上げた坂本冬美は、歌詞にある 「あたい」 という言葉がこの楽曲を好きになった理由と言っている。「『私』 でも 『あたし』 でもなく、この 『あたい』 が放っておけない。きっと何度も恋をして、いつも失敗して、傷ついて、でもまた恋をして、それを繰り返している 『あたい』 なんだと思う。と公言している。


ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタ

ヒマラヤユキノシタ2

ヒマラヤユキノシタ4


毎年この季節に

母が植えたヒマラヤユキノシタが咲く

春の彼岸は母の命日

もう、11年になるなぁ・・・・



******  Yosshy's favorite song  ******




「いちご白書をもう一度」 中森明菜  バンバン
フォーク・グループのバンバンが1975年に、同グループの5枚目のシングルとしてリリースされた。バンバンのメンバーであるばんばひろふみが、「彼女の曲で売れなければ歌をやめる」と考え、最後の曲として荒井由実に書いてもらったという。多くあったアーティストのカバーからは中森明菜を選んでみた。


イベリス・ブライダルブーケ

イベリス・ブライダルブーケ

イベリス・ブライダルブーケ2

イベリス・ブライダルブーケ3

イベリス・ブライダルブーケ4

イベリス・ブライダルブーケ5


今日は雷雨で散歩に行けない

去年買ったイベリスのブライダルブーケが

沢山花を付けだしているので撮ってみた

砂糖菓子のような花弁が特徴で

鉢いっぱいにあふれるように咲いてくれた



******  Yosshy's favorite song  ******




『ろくなもんじゃねぇ』  内藤やす子  長渕剛
1987年、長渕剛の16枚目のシングル曲。十代の頃の鬱屈とした感情を吐露した曲であり、長渕主演のTBS系テレビドラマ 『親子ジグザグ』(1987年) の主題歌として使用された。
1988年に内藤やす子がカバーアルバム 『SONGS II』に収録した。


甲羅干しサロン

甲羅干し

甲羅干し2 2024.03

甲羅干し3 2022.03

甲羅干し 2021.06

日向ぼっこ 2020.10

20180930.jpg 2018.09


寒い間は見られなかった亀さんの甲羅干しサロンが

今年もオープンしたようだ!

過去の写真を調べて見ると

3月から10月までずーっと繁盛している様だ

ツルは千年 亀は万年というから

この子らは常連さんだろうか?



******  Yosshy's favorite song  ******




『今日までそして明日から』 和田アキ子 よしだたくろう
1971年、よしだたくろう3枚目のシングル。これまでのフォークソングとは違って、今日まで生きてみたけれど結局、人生は分からない。でも、『わからないまま生きて行く』 とリアリティのある歌詞に若者の心を鷲掴みにされた。そんな歌を、和田アキ子がどう歌ったのか興味がわく。


コハコベ

コハコベ

コハコベ2

コハコベ3


小さくて可愛いコハコベも咲きだしている

花弁が10枚あるように見えるが実は5枚で

1枚の花弁が根元まで深く割れているためだ

春の七草の 「はこべら」 はこのコハコベだそうです

これから秋ごろまで次々花が咲いて

長く楽しませてくれる野草です



******  Yosshy's favorite song  ******




『白いブランコ 』 トワ・エ・モワ  ビリー・バンバン
ビリーバンバンが、1969年に発表した楽曲。15万枚を売るヒットになり、“兄弟フォークデュオ” というジャンルを開拓することにもなった。今回は爽やかな男女デュオのトワ・エ・モアのカバーと聞き比べて見た。


胡瓜草

胡瓜草

胡瓜草2

胡瓜草3

胡瓜草4


キュウリグサが咲きだした

直径2ミリほどの小さく青い花

巻きがかった茎の先にたくさんの蕾をつけ

下の方から順に開花していく

春になるとこうした野草が

次々と花を付けるようになるので

人が気が付かないような小さな花を

見つけて歩くのが楽しみになる

雑草だってこんな可愛い花を付けるんだぞって

自慢したくなるような花は沢山あるから・・・



******  Yosshy's favorite song  ******






『夢一夜』 八代亜紀  南こうせつ
南こうせつが1978年にリリースした4枚目のシングル。「夢一夜」 は、こうせつの妻がベートーヴェンのピアノソナタ第17番 『テンペスト』 の第3楽章をピアノで弾いていたのを聴きながら、「なんて素晴らしいメロディなんだ」 と感動し、着想を得て作られたそうだ。今回のカバー曲は八代亜紀を選んだが、発想源となった 「テンペスト」 も掲載してみた。


こころトリミング

トリミング

トリミング2

トリミング3


昨日はこころのトリミングを予約していたので

11:00 に美容室に届けて 14:30 にお迎えだった

昼食を済ませてそろそろ迎えに行こうと外に出たら

なんと、雪です!!!!!

目に見えないくらいの霧雨に交じって

細かい雪がかなり降っていた

3月に雪が降るなんて!

こんな日にモコモコだった毛を

カットしなかった方が良かったかな・・・

今日は天気が良くなったので

なるべく日向で写真を撮りました



******  Yosshy's favorite song  ******




『Tokyo』 チェウニ 井上陽水
「東京」 と言う曲はとても多くの歌手が題材に取り上げていますね。陽水も1991年にフォーライフ・レコードから 『Tokyo』 を出しています。
チェウニは韓国の歌手で、1998年に来日し、『トーキョー・トワイライト』 で日本デビュー、3曲連続東京のご当地ソングを歌い、東京三部作と呼ばれている。また、陽水の 『Tokyo』 もカバーしていた。


しいたけスナック

椎茸スナック

椎茸スナック2


昨日スーパーで面白いスナック菓子を見つけた

小さなしいたけが丸ごとゴロゴロ入っていて

塩味のきいた革命的スナックです!

「しいたけ嫌いの人にも美味しいと言わせた」

との謳い文句通り、やめられない美味しさです

自分、昔は椎茸は嫌いな食べ物だったけど

最近は生椎茸が好きの部類になった

なのでパッケージを見て衝動買いしたけど大当たり!

椎茸のうまみ成分が凝縮されたカリカリ 食感で

手が止まりません! (笑)

販売元・丸美食品
ドン・キホーテ、アピタ、ピアゴなどで購入できるようです。



******  Yosshy's favorite song  ******




『亜麻色の髪の乙女』 島谷ひとみ ヴィレッジ・シンガーズ
この曲の原題は 「風吹く丘で」 青山ミチが録音した曲であったが、発売前に覚醒剤で逮捕されてしまったため、ヴィレッジ・シンガーズが1968年に 『亜麻色の髪の乙女』 として発売した。2002年には島谷ひとみによるカバー版でも知られる。


コブシ

コブシ

コブシ2

コブシ3

コブシ4

コブシ5


コブシの花が咲きだした

今日も強風が吹いて花の撮影が出来ないので

先日撮っておいた花を投稿する

風は強いが天気はいいので

今日あたりはもっと開いているかもしれない



******  Yosshy's favorite song  ******




『青葉城恋唄』  倍賞千恵子 さとう宗幸(オリジナル)
「青葉城恋唄」 は、仙台城 (青葉城) の城下町の風景を詠った星間船一による失恋の叙情詩だった。さとう宗幸によって曲が付けられ、さとうのメジャー・デビュー曲としてシングル発売された。1978年、倍賞千恵子がアルバム 「人の情けが沁みる夜は 〜倍賞千恵子・歌のひととき〜」 を発売。同アルバムに 『青葉城恋唄』 のカバーが収録された。他にもカバーした歌手はとても多い。


ラッパ水仙

ラッパ水仙

ラッパ水仙2

ラッパ水仙3


いつもの公園の散歩道の横に

いつ頃からかラッパ水仙が咲くようになった

最初に見つけた時は1輪だけだったのに

今年は横に蕾もあるので2輪咲くのだろう

その横には葉だけの株もあるから

来年は3輪咲くかもしれない

こうしてどんどん増えていくだろうか?



******  Yosshy's favorite song  ******






『プカプカ』 西岡恭蔵の曲
①西岡恭蔵 with 大塚まさじ、  ②木村充揮 with 近藤房之助、  ③
八代亜紀  1972年に西岡恭蔵が発売した最初のシングル。多くのカバー曲がある。この歌は歌う人によってそれぞれのの不思議な魅力がある。
今回は本家が大塚まさじとセッションしたバージョン、ブルースなら大好きな「憂歌団」の木村充揮 と 近藤房之助のバージョン、そして異色の八代亜紀バージョンを選んでみました。


沈丁花

沈丁花の花

沈丁花の花2

沈丁花の花3 沈丁花の花4


沈丁花の花5

沈丁花の花6

沈丁花の花7 沈丁花の花8

沈丁花が満開になってきた

庭に出ると周囲が春の香りに包まれるのだが

今日は台風のような強風が吹いて

せっかくの香りを楽しむことができない

昨夜から風の音に悩まされて

こころが寝不足だったらしく

まだ強風は収まらないが

こころは今、隣で爆睡している(笑)



******  Yosshy's favorite song  ******




『似顔絵』 高田みづえ 村下孝蔵
この曲は、村下孝蔵が1984年に発売したシングル 「夢のつづき」 のB面に収録されている楽曲で、高田みづえがカバーしている、


ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウ

ツルニチニチソウ2

ツルニチニチソウ3 ツルニチニチソウ4


川渕のちょっとしたた空き地を

誰かが車置き場にしている

その端っこの雑草が茂っている中で

ツルニチニチソウが咲いていた

こんな場所の花は誰も見向きもしないけど

花だけを撮ってあげればきれいなんだけどね



******  Yosshy's favorite song  ******






『セクシィ』 石川セリ with 下田逸郎・渡辺香津美・ 斉藤ノヴ
1976年発売、下田逸郎のシングル。井上陽水の妻、石川セリに提供されている。下田逸郎の嘉穂劇場ライブにゲスト出演した石川セリが唄うセクシィには渡辺香津美:ギター、斉藤ノヴ(夏木マリの旦那):パーカッションとのセッションが素晴らしかったので最初に掲載しました。続いて石川セリ、下田逸郎の順です。


土筆

土筆

土筆2

土筆3

土筆4


公園の散歩道を歩いていると

あちこちで

土筆が目を覚ましていました

春になってきたなぁ~・・・



******  Yosshy's favorite song  ******




『案山子』 島津亜矢 さだまさし
さだまさしが1977年に発表したシングル。多くの歌手がカバーしています。その中から大好きな島津亜矢のバージョンを選んでみました。この人どんな歌でも歌いこなす、とても歌の上手い人ですね!


冬知らず

冬知らず

冬知らず2

冬知らず3

冬知らず4

冬知らず5


草原にフユシラズも野生化して咲いていた

キンセンカの仲間で別名をカレンデュラ

冬から春にかけて長期間

オレンジ色の花を次々に咲かせる

こころも踏みつけないように

周囲を回って通って行きました!

「よしっ! (^^)/ 」



******  Yosshy's favorite song  ******




『青春Ⅱ 』 高田みづえ 松山千春
今回からカバー曲を取り上げてみようと思う。松山千春の 「青春Ⅱ」 は高田みづえがカバーしている。高田みづえも歌がうまいので、聞き比べて見ても松山と遜色なく歌いあげている。


ヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカ2

ヒメリュウキンカ3

ヒメリュウキンカ4

ヒメリュウキンカ


雑草の中でヒメリュウキンカが

野生化して咲いていた

最後の1枚は個人のお宅で育てられていたものを

去年撮影したもの

同じ花なんだけど育てられた環境で

撮り方にもよるが

見栄えが大きく変わるものだ!!



******  Yosshy's favorite song  ******


『愛が哀しいから』 徳永英明
2008年に発売された德永英明41枚目のシングル。米倉涼子主演ドラマ 「モンスターペアレント」 主題歌。「モンスターペアレント」 とは、学校に対して自己中心的で理不尽な要求を繰り返す保護者を意味する。弁護士の米倉涼子が理不尽な要求を突きつける保護者と真っ向から対決する社会派教育ドラマ。殺伐としたドラマのエンディングで静かに流れるこの歌が今でも心に浸みる曲でした。


酸実(ズミ)

ズミ

ズミ2

ズミ3

ズミ4

ズミ5


リンゴの花に似たズミが咲いていた

バラ科リンゴ属の1種で、リンゴに近い野生種である

実が酸っぱいことから「酢実」とよばれる

5年前に公園で初めて気が付いて

それから一度もこの花を見なかったが

今年は全く別の場所でこの花に出会った!



******  Yosshy's favorite song  ******


『ロマンスカー』 村下孝蔵
1992年、村下のデビュー13年目、21枚目のシングルとして発売された。、村下が一番好きな曲だったという。葬儀においても出棺の際にこの曲が流れた。


ムスカリ

ムスカリ

ムスカリ2

ムスカリ3

ムスカリ4


ムスカリが小さな鉢の中で

窮屈そうにたくさん顔を出してきた

来年はもう少し大きい鉢に植え替えないといかんかな・・・

最後の写真は散歩中に見かけた他家の花



******  Yosshy's favorite song  ******




『幸せの時間』 村下孝蔵
昨日の 「かざぐるま」 のB面に収録されたのがこの曲です。なんと、ベトナムでカバーされて大人気のようです。ベトナムの人にも村下氏の素晴らしいメロディが心に浸みるようですね。


スノーフレーク

スノーフレーク

スノーフレーク2

スノーフレーク3


保育園の歩道側の花壇に

スノーフレークが咲いていた

保育園の花壇なら子供たちが喜びそうな

チューリップ等のカラフルな花を植えそうだが

渋い選択だなと思いながら

私の好きな白い花を撮ってきた!



******  Yosshy's favorite song  ******


『かざぐるま』  村下孝蔵
1986年、村下のデビュー7年目、1年間の休みをおいた後に発表された9枚目のシングルとして発売された。作詞・作曲:村下孝蔵/編曲:水谷公生/コーラスアレンジ:町支寛二


ミモザ

ミモザ

ミモザ2

ミモザ3

ミモザB4

ミモザB5


民家の塀からミモザの黄色い花が

「撮ってください」 と言わんばかりに

あふれるように咲きこぼれていた

ミモザは元々、マメ科オジギソウ属の総称だったが

フサアカシア、ギンヨウアカシアなど南フランスから輸入される

フサアカシアの切花を "mimosa" と呼んだことから

刺激を与えてもお辞儀はしないが

葉や花がオジギソウ属とよく似てることから

今日では誤用されて用いられるている

正式名称は 「フサアカシア」 だそうです



******  Yosshy's favorite song  ******


『少女』 村下孝蔵
1984年、村下のデビュー4年目、7枚目のシングルとして発売された。この「少女」のメロディーは、村下孝蔵とプロデューサーの須藤晃が共に好きだった中森明菜が歌うイメージから出来上がったという。


河津桜

A河津桜

A河津桜2

B河津桜

B河津桜2

B河津桜3

B河津桜4

B河津桜5


昨日の散歩は球場へ出かけた

外周のジョギングコースを歩いていたら

川の向こう岸に見える桜が気になって

コースを変更して対岸へ渡ってみることにした

河津桜が超満開でとても綺麗だった

しかし、この日は帽子が2度ほど飛ばされる強風が吹いて

花のアップには苦労して思うようなカットが撮れなかった

でも、この強風にも花弁は散ることなく

あふれるような満開を撮ることが出来た!



******  Yosshy's favorite song  ******




『踊り子』  村下孝蔵
1983年、デビュー4年目、6枚目のシングルとして発売された。前作 「初恋」 に続き、およそ10万枚のシングルを売り上げるヒット曲となり、「初恋」に次いでライブ・コンサートでの演奏回数が多い曲である。私はどちらかと言えばこの曲の方が好きだった。
ところで、「踊り子」 の曲調の変わるサビの部分でフレーズの一部が何かの曲に似てると思っていたが、やはりこの部分を気にしてる人は多くあって、ザ・ピーナッツの 「恋のフーガ」 や、【ひらけ!ポンキッキ】 の 「おっぱいがいっぱい」 などが挙がっていた。


シレネ ピンクパンサー

シレネ ピンクパンサー

シレネ ピンクパンサー2

シレネ ピンクパンサー3

シレネ ピンクパンサー4


散歩中に民家で見つけたピンクの可愛い花

毎年、展望台で咲くサクラマンテマによく似ている

サクラマンテマは花弁の先に切れ込みがあるが

この花はきれいに丸くなっている

調べて見たらシレネのピンクパンサーと言う名前があった

どちらもナデシコ科の花で同じ仲間のようだ

ピンクパンサーは白花もあるようで

ホワイトパンサーと呼ばれるそうだ

更に、白地の花弁に霧吹きでピンクを吹きかけたような色合いの

シレネ・スプラッシュパンサーもあるようなので

これは見てみたいと思った!



******  Yosshy's favorite song  ******


『初恋』 村下孝蔵
この曲はこれまでも掲載しるので今回はどうしようかとも思ったが、村下孝蔵を取り上げて避けて通れない代表曲ですね。
1983年、村下のデビュー4年目、5枚目のシングルとして発売された。ライブやコンサートでは必ず最後の曲に歌われた。また、没後の 「お別れの会」 には、村下の生前の歌声に合わせて会場の弔問客たちが合唱し、村下の冥福を祈ったそうだ。村下の故郷である熊本県水俣市の商店街 「ふれあい一番街」 に、本曲の歌碑が建立され、商店街ストリートの名称も 「初恋通り」 に改名された。


ハナモモ・照手白

ハナモモ・照手白

ハナモモ・照手白2

ハナモモ・照手白3

ハナモモ・照手白4

ハナモモ・照手白5


先日、車で通った時

川渕に白い花が咲いてるなと思ったので

今日は散歩時に見に行ってみた

白梅かとも思ったが帰って調べると

花桃の照手白 (テルテシロ) と言うらしい

丁度満開を迎え八重の花弁が美しかった!



******  Yosshy's favorite song  ******


『帰郷』 村下孝蔵
1981年、村下のデビュー2年目、3枚目のシングル。
作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷公生


クリサンセマム・ムルチコーレ


aクリサンセマム・ムルチコーレ

aクリサンセマム・ムルチコーレ2

aクリサンセマム・ムルチコーレ3

ムルチコーレ2 ノースポール2

ムルチコーレがお椀型の黄色い花を咲かせている

ノースポールによく似た花で

花弁のように見える舌状花の色と形は違うけど

中心部分の筒状花は同じように黄色で

同じ仲間なんだと分かりますね!

どちらもクリサンセマムの花で

日本式に言えばキク科キク属の仲間です



******  Yosshy's favorite song  ******


『夢のつづき』  村下孝蔵
1984年、村下のデビュー5年目、8枚目のシングルとして発売された。アルバムにも使用されている村上保の切り絵を使用している。


花梅・摩耶紅梅

摩耶紅梅

摩耶紅梅2


摩耶紅梅3

摩耶紅梅4

摩耶紅梅6

摩耶紅梅7


摩耶紅梅 (マヤコウバイ) が咲きだした

梅には、花を鑑賞して楽しむための花梅と

 実を梅干しや梅酒などにする実梅とがあります

摩耶紅梅は花梅で、とても綺麗で大好きな花です

八重の遅咲きで、 この花の終わる頃には染井吉野が咲き始めます

いよいよ、ウキウキする春が近くなりました



******  Yosshy's favorite song  ******


『月あかり』 村下孝蔵
1980年村下のデビューシングル。元はギターを主体とした弾き語り色の強い曲であった。また歌詞も 「愛し合う男女の旅行先での一夜の風景」 であった。これを破局の歌に逆転させ、さらにバイオリンなどの楽器を加えてアレンジし商業版としてリリースした。


堤防道路

堤防道路

堤防道路2

堤防道路3

堤防道路4

堤防道路5


吹きざらしの川風が吹く堤防道路は

冬の間は通る人も少なかったが

陽気が少しずつ暖かくなって

ジョギングや散歩、自転車、犬の散歩、ウォーキング等々

通る人を多く見かけるようになってきた



******  Yosshy's favorite song  ******


『春雨』 村下孝蔵
1981年に村下のデビュー2年目、2枚目のシングルとして発売。作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷公生。「北の宿から」 みたいなイメージの楽曲を作ろうという意気込みで出来た楽曲だったという。
検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
105位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: