fc2ブログ

小酒井不木

小酒井不木 石碑


小酒井不木は 医学博士でもあり 科学的な知識を生かした  

探偵小説の草分け的な存在といえる人です

江戸川乱歩をはじめ 探偵小説で活躍した後輩を多数育成している

わが町は 不木の生誕地でその石碑がある

かつて タレントのつボイノリオ氏が ラジオ番組や講演会で

小酒井不木の短編小説 「死体蝋燭」 を

おどろおどろしい口調で 話したのを聞いて読んだことがある

内容は 蒸し暑い暴風雨の夜に 小坊主を前にした和尚の告白である

手燭の蝋燭は 先の小坊主を殺し 肉をはぎ その脂肪から作ったもので

その死体蝋燭が 今宵で尽きるという……

適度な短さと練られたプロットに引き込まれて 一気に読み終えた記憶がある

また 不木は俳句にも情熱を注ぎ 「ねんげ句会」 の発起人でもある

毎日散歩する公園には 多くの句碑が立っている

こうしたものを目にしていると また不木を読んでみようかという気になる

ただ 古い本なので旧仮名使いが ちょっと苦手ではあるのだが……

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
アクセスカウンター
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

yosshy

Author:yosshy
 
なんでもない空間も自分なりの感性でトリミングする単身老人の他愛もないつぶやき

カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
風景
105位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: